いつだってCと。

頭の中を占める、いろんなことがらの『しまい場所』、もしくは『虫干しの場所』。 現在、ほとんどの回線がCLAYにつながっております…。

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Kris & Adam after the final

最終結果は数週間前から知っていたものの、
TOP4からファイナルまでの過程は日本放映時に知った私。
正直、KrisはMattの次くらいに落ちると思ってた。
Alisonより先にね。
で、ファイナルはAdamとDannyの戦いで、
そりゃやっぱり優勝はAdamでしょう・・・と思ってたのよ。

でも、たしかに巷の評と同様、
Krisの方が今どきの曲をすごく上手にアレンジしてたから、
票が集まりやすかったのかも、という意見に賛成です。
Adamは歌唱力は文句のつけどころがなかったけど、
聴く人が聴くときを選ぶ、というか。

Kris finale

独断でたとえるなら、
Adamはぜいたくなパーティー用のディナーで、
Krisは日々のごはん、みたいな感じ?
時にはぜいたくしてごちそう食べるのも楽しみなんだけど、
毎日はいらないの。
日々のごはんは肩肘張らないのがいいんだけど、
あるのが当たり前みたいになっちゃうと、
時には目先の変わったものが欲しくなるの。
どっちもあるのが充実した毎日、ってもんだよね、きっと。

あ、これはパーティー用ディナーが高級で、
日々のごはんがそうじゃない、という意味じゃないですよ。
どちらにしても、いい素材を選べなきゃいやだもん。


Krisはの選曲も非常に私好みでした。
“Heartless”のオリジナル曲は、実はKrisが歌うまで
全く知らなくて、聴き比べしてびっくりした。
Kanye Westよりいいじゃないの~!!
(でも最近Kanyeヴァージョンもついつい聴いてしまう)
すっかりお気に入りで、もう何度聴いたことか。

Heartless by Kris Allen



Heartless by Kanye West




優勝してKrisの曲になった“No Boundaries”、
Adamバージョンの方も大好きです。
どっちもステージパフォではいまいちだと思いましたが、
スタジオ・ヴァージョンは甲乙つけがたいと思います。
Adamはもうきっと歌わないんだよね・・・もったいないなあ。

No Boundaries by Kris Allen



No Boundaries by Adam Lambert



2人に限らず、これからデビューするファイナリストは
何人も出てくると思うけど・・・。
心配なのは、オリジナルアルバムが魅力的かどうか。
実はKrisのAI出場前に出したアルバムを聴きましたが、
私はちょっとつまらなかったから。
お金いっぱいかけてもらって、いいもの作ってもらえるといいね。
もちろんカバーがあっても全然いいけど。
っていうより、“To Make You Feel My Love”とか、“Falling Slowly”とか、
それこそ“Heartless”とか入れて欲しいなあ。


さて、ファイナルの内容ですが、私はなかなか楽しかったです。

大好きなJason Mrazが出た。
やんちゃな若者の印象が強かった彼も、
初々しいコンテスタントたちに囲まれてると、
なんと貫禄のあることか。
ちなみに最初のころKrisの歌う雰囲気が
なんとなく似てるかなあ・・・と思ったこともあったけど、
全くの気のせいでした。

AlisonとCyndiのデュエット、良かったなあ。
Alison & Cyndi

相手の声を引き立てつつ、自分の声も際立たせて、
相乗効果ですてきなハーモニーを作り出す・・・
それができる人がほんとの上手い人だと思う。
それぞれがどれだけ上手くても、
相手の声と合わせられない人のデュエットは聴けないよね
(誰の・・・とはいいませんが)。

早々と落ちてしまった人だけど、
Michael Sarverの声、とっても好きだった。
Michael Sarver

彼もアルバム出すといいなあ・・・とはいえ、
果たして出したとして、そのニュースが私の耳に届くだろうか・・・?

Kiss&Adamの共演、楽しかった。コスチュームもしびれた。
あの小悪魔の羽根みたいな肩の飾り、
ライトでもつくんじゃないかと思って、わくわくしながら見ちゃったよ。

Adam with Kiss

ああいうのできるの、やっぱりAdamしかいないし。
彼が出てるとステージがすごく華やかになるよね。
だから、優勝が彼だったら、フィナーレはもっともっと
盛り上がっただろうな・・・と思ったりして。


ところで、Rolling StonesのAdamのインタビュー、読みました。
確かにF-word的表現満載の内容でしたが、
彼の思春期のセンシティブさとか、
両親と自分のsexualityについて話したときのエピソードとか、
実は自分の外見を気にしているナイーブさとか、
AIに挑戦するまでの経緯とか、
とっても興味深く、Adam自身にも好感が持てる
魅力的なライティングだと思いました。
さすがRSですね。


メイクなしの彼はときどき本当にかわいい表情を見せてくれたので、
実はKrisの顔より毎回しっかりチェックしてた。
(Jazz weekでJamie Foxxにアドバイス受けたときのAdamの笑顔、最高にかわいかった。
ほんとに「うふっ♪」って笑ったんだけど、誰か覚えてます?)

AI8・・・もう、終わってしまったんですねえ・・・。

Final Kris and Adam
スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://alwayswithclay.blog102.fc2.com/tb.php/331-b7adf9b3

記事のトップへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。