いつだってCと。

頭の中を占める、いろんなことがらの『しまい場所』、もしくは『虫干しの場所』。 現在、ほとんどの回線がCLAYにつながっております…。

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
SPAMALOT2初日

19日再出演初日のClay.
なんだかちょっと精悍になったような気がする。
眉の形のせいかな?
外見的なものでない、何か感じが変わった気がする。
とっても活き活きした顔。
なぜかな。お父さんになって、毎日が充実してるからかな。

stagedoorの写真もいくつか見ました。

stagedoor0919-2.jpg

stagedoor0919-3.jpg

やっぱ横顔きれいだわ。
ダークな髪。私はこのくらいの濃い色が好き。

stagedoor0919.jpg

++++++++++

「20世紀少年」という映画を見てきました。
映画の公式サイトはこちら

20世紀少年2

実は全く事前情報を仕入れないで行くことになりまして。
だって、前日4時くらいに寝て、朝10時ころに起きたと思ったらいきなり
「今日は映画に行くから」と、地方転勤から帰省していた夫が。

「ふぁ・・?」
「早く早く。チケット買ったから」と言われ、
それでもしっかり朝ごはん食べ、洗濯をし、
支度をして外に出たのが11時ごろ。すごい。やればできるじゃん。
でも頭の中はまだまだぼおっとしたまま、
「まあ邦画なんだから意味はわかるだろう。漫画なんだからわかりやすいだろう」
「しかしほんとに面白いのか?」たいして興味があったわけでもなく、
邦画にはがっかりすることもよくあるので、ちょっと色眼鏡つきで見に行ったのですが。

いや。面白かったっす。
私が生まれ育った年代よりはちょっと前が舞台の話なんですが、
なんとなくその頃の感じは幼い記憶の中にあり、
それはそれで楽しめ、浦沢直樹さん(原作書いた漫画家)の話だけあって、
まっすぐできっぱりしていて、ダイナミックさと繊細さを兼ねそなえた
ストーリー展開&登場人物の心情描写。
そして、彼自身が傾倒していた(いる?)ロックへの熱い愛情。
そんなものが溶け合った、ださくて(ごめん)、でもカッコいい話でした。

原作の漫画はとても有名ですから、もうお話をご存知の方も多いと思いますが、
ストーリーはここでは紹介しませんので、興味を持った方はサイトか原作をどうぞ。

でもね。
事前情報を入れていかなかった私は、放映終了後、ものすごいショックに見舞われました。
・・・この映画、3部作なんでした。
最後に"to be continued..."という字が出た瞬間、
「えええええ???」っと力が抜けてしまった。
2時間半くらいあったんですよ。長かったんです。だから、きっと完結すると思ってたの。
「じゃあ、あと2本も公開を待つんじゃん・・・」
そういうの、イヤなんですよね。
漫画だってよっぽどのことがなきゃ、最近は連載中のものは読みません。
毎週、毎月続きを待ってなきゃいけないのがイヤだから。
いつも完結してからだああっっ、と大人買い、です。

と、いうわけで、
「なかなか面白かったじゃん」という夫をそそのかし、
原作の漫画を買わせることに。幸い、もう22巻で完結しているので。
とりあえず最初に10巻。一晩で読みきり。

さ、今日は残りの12巻を買いに行くぞ。
スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

20世紀少年!!!観たい~!!
漫画読んでたんですよ。でも多分途中から読んでない…20巻のちょっと手前で終わってる気がします。確か。ちょうどその辺を追いかける感じで読んでいってたので「次の待ちだな」って思ってるうちに忘れてたんでしょうね(笑)
あぁ、なんか最初から読みたい気分です。
でも映画三部作ですかー!二部までDVDで観て三部だけ映画館行こうかな(笑)

2008.09.25 17:43 URL | うらばん #SFo5/nok [ 編集 ]

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://alwayswithclay.blog102.fc2.com/tb.php/281-2f32fdcf

記事のトップへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。