いつだってCと。

頭の中を占める、いろんなことがらの『しまい場所』、もしくは『虫干しの場所』。 現在、ほとんどの回線がCLAYにつながっております…。

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

I'm Not There 

2008.05.21 22:12

Im Not There title

公式サイトはこちら。

今まで見た映画の中で、最も難しい映画でした。
一生懸命追っかけたんですけど、最後までちゃんと理解できなかった。
でも、それでしょうがないのかも、とかも思った。
だって、題材がボブ・ディランだし。

いや、パーツごとには、決して理解不能ではないんです。
でも…私、「彼をちゃんと理解できる」っていう人がいるとは思えない。

このボブ・ディランという人はとても複雑な人だと思うんです。
自分でも言ってましたし、「自分にすら自分のことがわからない」って。
そして、彼自身がわかってもらおうとはしてないと思うもの。
自分の気持ちにはとても忠実で純粋ともとれるのに、
人から「あなたはこうですね」と思われるのをとても嫌う人。
自分の得意なことを自分の気持ちに忠実にやっていたら、
いつの間にか後ろにいろんなものがくっついてきてしまって、
それがまるで子泣き爺いのようにどんどん重くなっていった。
そんな感じの運命を背負って苦しんだ人、という印象を受けました。

この映画、そもそも6人の俳優がボブのいろんな面を演じてて、
それだけですでに込み入ってるのに、
それぞれ違う人物としての名前がついてて、
しかも順序なくランダムに各人の場面が入りこんでくる。
時間も進んだり戻ったり。
近頃分かりやすいハリウッド映画ばかり見てた私の頭が
途中で叫び出しそうになりましたが、すぐにあきらめました。
ちゃんと解ろうとするのがいけないんだよね、と。

劇中で彼が言うんですね。
「俺は混沌を受け入れる。混沌は俺を受け入れるか」
じゃあ見てる方もおんなじように受け入れるしかないじゃん、
だってボブ・ディランなんだもん、てな感じです。
Heath Bob


でも、不思議と時間の無駄だった気はしない映画でした。
ヒース・レジャーやシャルロット・ゲンスブールの演技が良かったし、
ケイト・ブランシェットが演じたボブがなんといってもカッコイイ!
Cate Bob

えらくチャランポランなボブなんですが、
実際こんな感じの彼をリアルタイムで知っていたら、惚れていたかも。
子供時代の彼を演じたマーカス・カール・フランクリンの歌は、
ボブ自身より上手くて聴き応えがあったし(笑)。
Marcus Bob


でね。
ある人から、「日本人が彼の歌を完璧に理解するのは不可能だと思うよ」
と言われたことがあるんですが、もちろん全曲とは言わないけど、
少なくともいくつかの歌は私、解ると思ったです。

映画が終わって、エンドクレジットが流れる中、
会場が明るくなるまで、全く誰ひとり途中で席を立たなかった映画も珍しかったですが、
最後に流れる彼の歌の歌詞を読みながら、
またまたうるっときてしまったのでした。

実を言えば、私が初めて知った時のボブは、すでに老境にさしかかった、
きったなくて歌の恐ろしく下手なヤツだったので、
はっきり言って大嫌いだったんです(ファンの方がいたらすみません)。
でも、今ならわかりますが、
彼は本当に美しく、すごい歌をいくつも書いています。
サザンの桑田さんを始め、彼を尊敬しているミュージシャンも多いです。
それも当然のことだったのですね。
Cate Bob2

誰にでもお薦めできるという感じではありませんが、
何かはつかんで帰れる映画かなと思います。

スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

私は映画には基本“楽しさ&スリル”しか求めないので多分この映画は見ないと思いますが、B・ディランという人にはかなり興味を覚えます。その風貌だけ見てもこれまでの人生かなり複雑で紆余曲折があったであろうことが読み取れますね。We Are The Worldのメイキングで、歌い方がいまいち掴めなかったB・ディランにクインシー・ジョーンズが「B・ディランはB・ディランで行こう!」みたいにアドバイスして、あの独特のへたうまっぽい歌唱法で歌っていたのを記憶しています。あれが彼にしか出せない味ってものなんでしょうね。
ちなみに私、彼の息子であるジェイコブ・ディランのバンド“The WallFlowers”のファンなんですけど、ご存知ですか?かなりのハンサムさんですよ♪

2008.05.22 23:53 URL | kotobuki #IhcT.W1A [ 編集 ]

>kotobukiさん、
そう、ボブ・ディランはボブ・ディランなんだ、という言葉をよく耳にします。彼には誰にも似ていないオリジナリティがあり、昨今ではそれはものすごく希少なものですよね。彼に傾倒する人が多いのもうなづけます…って、ごく最近になってようやくそう思えるようになったんですけどね、実は
USA for AFRICAに参加した人の中には、絶対みんなで集まってチャリティーするタイプに見えない人が何人かいましたけど、ボブはその筆頭でしたから、驚きました。場違いな感じと歌い方に戸惑うおじさん…今思うとかわいいですね♪

2008.05.23 09:32 URL | まっちる #XJDb9JHA [ 編集 ]

v-344
この映画面白そうですね。なんだか興味をそそります。

ボブ・ディランは結構聴いていたし、ギター弾いて(1~2曲しか弾けない(笑))でよく歌ってた(笑)

ケイト・ブランシェット大好きなんです!必ず見ますよ。。。
クリスチャン・ベイルも出演するんですね~♪

2008.05.23 13:26 URL | Fairy+Mary+Clay #Ti4i1M3U [ 編集 ]

偉大な人、歌声に印象があるものの、人となりまでは追求したことなかったです。
ビートルズのジョージ・ハリソンと仲が良かったというので、良いイメージがありました。
なるほど、難解な映画なんですか~DVDになったら見ようかなあ。

2008.05.24 05:28 URL | kei #GdAGOLT6 [ 編集 ]

>FMCさん、
ケイト、ほんとにかっこよかったです3人のお子さんのおかあさんなんですってね。信じられない!
クリスチャン・ベールも、骨太な俳優になってきましたね。あと、リチャード・ギアも出てます。みんなさすがのいい演技でしたよ。
>keiさん、
ビートルズ、映画に出てきますよ。ボブとイギリス滞在中に会ってます。いいシーンでした。
放映する映画館がとても少ないです。DVDでゆっくり見るのもいいかもしれませんね。

2008.05.24 09:41 URL | まっちる #XJDb9JHA [ 編集 ]

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://alwayswithclay.blog102.fc2.com/tb.php/257-e0978133

記事のトップへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。