いつだってCと。

頭の中を占める、いろんなことがらの『しまい場所』、もしくは『虫干しの場所』。 現在、ほとんどの回線がCLAYにつながっております…。

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
前回紹介したときは、Elliott Yaminの話から派生してたから、
今回はメインで。

いよいよ今週、Peter Cincottiのライブに行きます。
席は現在もまだかなり余裕がありそう。
Yaminに比べ、Peterのこの知られなさ加減はどうよ?
そもそもこのライブのプロモーションを、ほかのどこでも見たことがない。
日本ではファンベースもまだ確立してなさそうだし・・・。

なんだかんだいっても、TVCFやドラマなどで曲が使われなければ
日本では一般に知られる機会はほとんどないですもんね。。。
Billy Joelが好きな人なら、嫌いじゃないんじゃないか、
と思うんですけどね、彼の曲は。

最近のアルバム(と言っても、出たのは2006年ですが)
をプロデュースしたDavid Fosterも言ってます。
「彼は天才Billy Joelを継げるアーティストだ」と。

このアルバム"East Of Angel Town”制作にまつわるエピソードについて、
PeterとDavid(と、その前のアルバムをプロデュースしたPhil Ramone)
のインタビューを見つけました。

A&E Special Peter Cincotti




以下、めちゃくちゃ意訳ですが、このアルバムを作るとき、
PeterはDavidを彼の本拠地ロスからNYへ引っ張り出したんだそうです。
DavidはNYが好きじゃないにもかかわらず。

「自分が前回NYでプロデュースしたのはもう30年くらい前
(他のヴィデオでは20年前とも言ってる)のマイケル・ジャクソンかなんかで、
あのときはまったく***だった(いい表現じゃないみたい)。
君はそんな私にNYへ来いと言うのか???」
と言われたそうですが、それでもPeterは、
自分の音楽は生まれ育ったNYに根付いているものだから、
どうしても譲れなかったらしいんですね。
結局はDavidも承諾し、NYでのレコーディングになりました。

その後最終段階では今度はPeterが説得され、
ロスのDavidのスタジオに行くことになります。
そこでもまた、音のひとつひとつに対するこだわりで、
DavidとPeterは議論を重ねることに。

「他の人のために作ってるんじゃない、
僕は僕のためにこのアルバムを作ってる。
できあがったCDを家に持って帰って聴いたとき、
自分の嫌いな音が入ってるなんて耐えられない」
みたいなことを言っています。
「このままリリースしたって、聴く人にはなにも問題はない。
明確な理由があるわけでもない。でも僕はとにかくこの音が嫌いだ」
といって、ベテラン(そうな)バック・ミュージシャンに意見したり、
実際に自分で音を消してみたり。

そこに正しいとか間違いとか、理屈があるわけじゃない。
こだわりなんですね。自分の作品を愛してるからこその。

自分も仕事で作ったものが、なにかしっくりこなくて、
どう説明すればいいのかわからないけど、とにかくなんとかしたいという時があります。
それをなるべく波風立てず、周囲に説明・説得するのはすごく大変。
「とにかく嫌い」
そういい切れる強さとか、自信の大きさは、時にうらやましい限りです。

こういう人はきっと寡作だろうなあ・・・。
次のアルバム、いつ出すのかなあ・・・。


そんな彼のライブですから、その内容には期待せずにはいられません。
ちなみにPeterはもともとジャズミュージシャンとしてデビューしました。
前2枚のアルバムは全くのジャズ。そっちのピアノもとにかく素晴らしくてしびれます。
中でも私が大好きなのは、“Sway”という曲。
AIでも多くの出場者がチャレンジしているし、Michael Bubleも歌っている有名な曲ですね。


Sway by Peter Cincotti




ライブではそっちのナンバーも聴かせてくれないかなあ。。。


うードキドキしてきたぞ・・・。楽しみだなあ♪


スポンサーサイト
アメリカン・アイドル見てると、いつもやりたくなる。
出場者の歌と、オリジナルの聴きくらべ。

今までは、
「そりゃオリジナルの勝ちでしょうよ?」
と、思ってたんだけど、今年はなんだか違う。
オリジナルより聴き惚れちゃうことも多くて。

サイモンも言ってたけど(ひょっとして毎年言ってるのか?)
それだけ今年のレベルはすごく高いってことか。

アレンジの才能もあって、全然違う曲に聴こえることもよくある。
だから、二つ並べて聴いてると楽しいの。

いっぱいお気に入りはあるんだけど、
そのひとつがAnoop Desaiが歌った‟Everything I Do (I Do It For You)”
Anoop → Bryan Adams と続けて・・・・。
やっぱり、Clayのも入れたくなった。

Everyting I Do ( I Do It For You) by Anoop Desai




Everyting I Do ( I Do It For You) by Bryan Adams(Live)




Everyting I Do ( I Do It For You) by Clay Aiken




いやー。
もう何度も言ってることなんだけど。

やっぱClayの歌、いいわ。
ラスト近くの、息を抜くようなささやくような歌声に、
電車内でipodで聴いてるのに、恍惚としてしまった。
もともとこの曲が収録されているアルバムは、
Clayの歌声のいろんな面が出ていて、
「デビューからまたずいぶんとうまくなったなあ」と、びっくりしたし、
大好きなアルバムだったのだ。
こうして何かの機会に改めて聴き直すと、思わずにいられない。


早くこんな歌声を聴かせてよ、って。


**********


新しい英会話の先生(アメリカ人、同い年)が、AI好きの私によかれと思って
例の、Clayのブログの話をしてきた。
先生がブログを読んだ印象としては、あの表現は
「なんだか意地悪っぽかったし、Adamに嫉妬してるのか、
と思っちゃうような印象だったよ」と。

彼は決して偏見でものを言う人でもないし、人の話もよく聞いてくれるし、
シニカルな人でもなく、むしろとても穏やかで控えめな人。
もちろんClayのこともよく知らない。

その彼が、「Clayはカミングアウトして、確実にファンを減らしたと思うし、
AI出身者の他の人と同様、そろそろ歌の仕事も減っていってるのではないか。
だから今注目されているAdamにちょっと嫉妬してるのでは・・・?」と言う。


「ClayはRCAとの契約を解消したので、しばらくの間、公には歌えないんだ」
と言ったら、多少考え方を改めたみたいだけれど、
多分その印象は、あんまり事情を知らない多くの人たちも変わらないんだと思う。


一度口から出てしまった言葉は、
そのうちその言葉が出てきたのがどんな口だったか、なんてことにはお構いなしに、
勝手に一人歩きする。
だから、そのときになって「あれはこういうつもりで」
と言ったところで遅いんだ。

言った直後にどうなってもいいと覚悟するか、そもそも言うのを我慢するか。

でないと、
「実は歌以外の部分でもなんでも、とにかく話題作りのためにわざと言ったのかもよ?」
なんてことまで言われちゃうよ。




私はただもう、Clayの歌が早く聴きたいんだ。
きちんと歌う準備を整えた、心のこもった歌が。














エリオット・ヤミンが来日するそうですね。

elliottyamin.jpg

























6月17日から20日までBillboard Tokyoでライブをします。
その後大阪とかにも行くようです。
で、チケット買おうと思ってサイトを見てたんですが、
同じ所でなんと大好きなピーター・シンコッティもライブをやるらしい!
しかも、6月3日・4日の2日間・・・・もうすぐじゃないか!!!

peter cincotti s


で、ヤミンを買わず、ピーターの方のチケットを買ってしまった。
決済済ませて手続き完了。あとはチケット配送を待つだけ。
楽しみだなあ・・・。でも、こんなにステキなアーティストのチケットが
まだまだ結構余ってるなんて、もったいないなあ・・・。
もう片方の日も行っちゃおうかなあ・・・。

なんて思って、もう一度サイトを見てみたら。
なんだか見たことのないマークが。
あれ、このマーク、さっきまで付いてなかったよな・・・?

なんかね、そのマークは公演10日前になると付くようで、
セブンイレブンでチケットが受け取れるようになって、
送料(600円)が不要になるらしいんです。

え。

私が手続き完了したのが、あと数分でその10日前にあたる日の、
0時数分前のこと。
わずか数分の時差でそのマークが付いたのでした・・・・。

たかだか600円かもしれませんが、くやしいぞ。

でも・・・楽しみだなあ♪


Peter Cincotti 6月3日(水)・4日(木) のチケット情報はこちら。

Eliott Yamin  6月17日(水)~20日(土) のチケット情報はこちら。


ピーターのライブ、まだまだチケットあるようなんですよ。
どなたか一緒に行きませんか?
ちなみにヤミンの方はどの回もチケット稀少だそうです。
私もどうしようかと思ってるんですが、
迷ってるうちになくなっちゃうかも。。。。





前回Mattが生き残り、もういっかいTop7となったAI8。
その代わり、今回は2人が落ちる・・・という大変厳しい展開だったわけですが。
もうここまでくると誰もが上手いから、歌声だけでなく、
選曲だのアレンジだの、ステージパフォーマンスだのが厳しく求められる段階。
誰が落ちてしまってもとにかく惜しいなあ、と思っちゃいますよね。

次回からLilの美しい顔と、Anoopの太い眉が見れないのは残念。
特にLilは少し前からオリジナリティがないと審査員から酷評が続き、
毎回涙をためていたのが強く印象に残っています。

でも、3人の子供抱えて、カトリーナの被害から立ち直った彼女ですもの、
これであきらめてしまう、ってことはないよね。
きっと違うところからまた歌声を聴けることもあるだろう、と期待しています。
その時こそは自分だけの、オリジナル曲をたずさえて、ね。

今回個人的に素敵だったなあ、と思ったのはAdam。
オリジナル曲もよく聴いて知っていたんですが、全く違う曲のようになってましたね。
「やられた・・・」って感じ。
いつもの金属的な超高音はありませんでしたが、
それでも十分ひきつける力を持ってますもんね。やっぱすごいなあ。
毎回あの突き刺すような声を期待している私ではありますが、
それがなくっても、彼のパフォはいつも見てて楽しいなあと思います。

逆に、別に見なくても、曲だけでもいいなあと思うのはKris。
選曲とアレンジが私のつぼにはまってて、いつもうれしいんです。
顔も好きですけどねー。

私はすでに結構先の方までスタジオ・バージョンを聴いてしまってるんですけど、
それでも毎回ステージは楽しみにしています。
アレンジや演出が微妙に違うから。
今回スタジオ・バージョンを聴いて、ステージではどんなかしら、
とすごく楽しみだったのが、Dannyでした。

どうしてかというと、曲の後半で、こんな「語り」が入っていたからです。
(以下大変意訳)

誰でも時にしんどい時がある。
耐えられない、と思うほど厳しい時も。

でもいいかい、僕にもそんな時があったけど、
そのうちうまくいくようになった。

だから君も顔をあげて、頑張って。
きっとうまくいくときが来るからね!

September by Danny Gokey (Studio Version)



結局ステージではここまで歌わず、語りはありませんでしたが。
もう少し長く歌えたらねえ・・・。

ちなみにオリジナル(Earth, Wind & Fire)には、この語りは入っていません。
ということは、Dannyが自分で入れたいと思ったんですよね。
いったいどういう気持で入れたいと思ったんでしょう?
個人的な誰かへの応援として?
それとも広く自分を応援してくれる人へのメッセージ?

いずれにしても、優しく、まじめでピュアな彼の人柄が出ている内容だと思いませんか?








AI8ーtop7 

2009.05.10 22:13

ダウンロードサイトからすでにtop3までの結果を知ってはいますが、
それでもパフォーマンスが楽しみで見ているAI8。
ここまでくると、みんな上手いのは当たり前で、誰が落ちても残念なのは変わらない。

結構出場前にアルバム出したり歌手としてやってる人も多く、
今後は落ちても違うルートでまた会える可能性はあるだろうしね。

スタジオ・フルバージョンはDLしてますが、
ステージパフォーマンスを見るとイメージが変わることも多く。
今回もそんなのがけっこうありました。

個人的に一番好きだったのは、アヌープ。
ClayもATDWで歌ってる“Everything I Do ( I Do It For You)”ですが、
Clayのバージョンよりも好きかも。
もちろんこれまでのアヌープのベストだと思いました。



あと選曲でしびれたのは、クリスの“Fallin Slowly”。
この曲、すごーく好きなんですよー。


実はアカデミー楽曲賞もとってるんですよね。。。
「Once ダブリンの街で」というタイトルの映画だったかな。
この曲、すごーく好きなんですよー。
カントリーウィークでボブ・ディランの曲を選んで衝撃を受けて以来、
クリスの選曲には感動することがあります。
またまた私の大好きな曲を選んでくれた。ありがとー!!って感じ。


さて、映画についてですが、タイトルのとおり、舞台はアイルランド。
街角でギターを片手に歌う掃除機の修理屋さんと、
東欧から移住してきたシングルマザーの
(でもピアノがすごく上手い)女性とのラブストーリー。
この二人がランチタイムの間だけピアノを弾かせてくれる楽器屋さんで、
コラボして歌ったのがこの曲。

Falling Slowly by Glen Hansard and Marketa Irglova


なので、はっきり言って、これはデュエット曲だし、
実際この曲は、女性の声の方が肝、だと思う。
バックはついてたけど、正直クリス一人で歌うのはちょっとさびしかったかな。
男性ヴォーカルの声もオリジナルの方が粘りがあって、
はっきり言ってやっぱ全然かなわないって感じ。
すごく心をこめて歌う様子は十分伝わったけどね。

だいたいにおいて、ステージパフォを見て改めて気に入るのが常だけれど、
逆にいつもスタジオバージョンの方がいいなあ、と思うのはマット・G。
歌うまいし、声のゆらぎとか、ファルセットとか、すごくいいなあ、かっこいいなあ、
と思うのに、ステージではなんかいつも上手くいかないよね。
なんかそろそろ危ない・・・って感じだけど、できれば残ってほしいんだよなあ・・・彼。



| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。