いつだってCと。

頭の中を占める、いろんなことがらの『しまい場所』、もしくは『虫干しの場所』。 現在、ほとんどの回線がCLAYにつながっております…。

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
びっくりしましたねえ。
15日午後、ハドソン川に緊急着陸・・・じゃなくて、着水した飛行機は、
NY発ノース・カロライナ行きだったんですよ。

ニュースではその部分しか聞こえなくて、
あとで調べたら、行き先はシャーロットだったんですけど、
乗客は凍るようなハドソンの水につかることもなく、
全員救助されたそうで。
よかったよかった。
もと空軍パイロットだった機長はその腕と対応を絶賛されているそうです。

もしかしてClayがその飛行機に乗ってた・・・ってことはないですよねえ。
彼はもうRaleighにいる・・・のかな?

++++++++++

今日はまたまた古めの話題なんですけど、自分が最近見つけたClayの写真の話。


去年の秋に開催されたチャリティーオークション“Champions Of Change"での姿のようです。

kawa6.jpg

mukasi1.jpg

mukasi7.jpg

mukasi5.jpg

mukasi3.jpg

mukasi2.jpg




なんだかぐっとOld Clayに戻ったように見えません?

mukasi6.jpg

ホッペもピカピカしてる。髪型のせいだけでしょうか???


omo4.jpg

omo3.jpg

omo2.jpg

omo1.jpg

面白い顔連発。

kawa1.jpg

kawa2.jpg

kawa3.jpg

kawa4.jpg

kawa5.jpg

かわいい顔連発。


で、どの頃のClay(Old Clayの時代って、結構長い)に似てるのかな、
って、過去に集めた画像をあれこれ見てみたんですが。

逆にOld Clayが今のClayに似てると思っちゃう写真も結構あって、
なんのことはない、ひとつの時間の経過を歩んでる一人の人間なんだし、
誰もがいろんな面があるんだから、
似てる似てないもないんですよね、結局。

でも、時間の経過、っていう点で言うと、
最近のClayは時間をさかのぼって若返ったように見えたりして。
本当の姿を見せることに決めて、
精神的にもある意味、初めのころのClayに戻ったのかな。

外見を変えることは、それまで隠れていた面を見せること。
自分にはこんな面もあるんだ、そして本当はずっと
こうなりたかったんだ、という姿もあるけれど、
実は違う面をまとうことで、本来の自分らしさを隠すことでもあったりして。

すべてがそうとは言わないけれど、
外見の遍歴は、迷いの遍歴でもあるのかも。

なんちゃって。



スポンサーサイト

過去の上書き 

2009.01.15 13:19

過去を後悔したくはないし、やり直したいとも思わない。
でも、行くと心が痛くなる場所ってあります。

なかったことにはできないから、
できれば上書きして、心の痛まない場所にしたいな。

++++++++++

at cast party after SPAMALOT with David Hibbard  Rick Caroto
Cast Partyにて。左がPatsy役のDavid Hibbard、右がヘアスタイリストのRick Caroto。
この日ClayはReed君と舞台を見に行き、
終盤で舞台にあがり、出演者たちと一緒に歌い、
最後のカーテン・コールでも紹介されたようですね。

iphoneを見せながら、なにやら説明しているようす。
Parkerくんも5ヶ月になり、どんどん可愛くなっているころ。
アメリカの人はよく家族の写真を人に見せたりしますもんね。
Parkerくんのアルバムでも見せてるのかな。


とうとうSPAMALOTも終わっちゃったんだなあ・・・。


Smarty Pants Suzさんの“Favorite Things 2008”が
アップされていましたね。
CUに行くとwmvファイルもありますが、Youtubeはこちら。




相変わらず力作です。

ああ・・・。 

2009.01.10 22:00

今回は珍しく、最初から最後までClayですー。

aa2.jpg

aa1.jpg

aa3.jpg


これらは去年の秋に開催された、
Champions of Change2008のチャリティーオークションに
出展された画像の数々らしいです。
もうすでにご存知の方も多いのかもしれませんけど、
初めて見た私は・・・もう、今日一日、夢のようでしたよ・・・。
画像のことはsidneyさんに教えていただいたんですけどね。
  


しかも、もうひとつうれしかったことが。
これです。
※画像構成順序、まったくランダムです。

TOA_0004s.jpg

TOA_0002s.jpg

SSTBTHW_0005s.jpg

SSTBTHW_0001s.jpg


WY、ATDでおなじみの衣装とスタジオシーンですが、
ほかにSSTBTHWとTOAも同時に撮っていたんですね。

そのビデオクリップの存在を、こちらもsidneyさんから教えていただきました。

この・・・このClayこそが、私がもっとも好きだったClay。
私が初めてClayを知った時の、いわゆるNew Clay。

TOA_0005s.jpg

SSTBTHW_0004s.jpg


この視線ですよ。この表情ですよ。
このいたいけそうな顔ですよ~・・・・。
ああ、幸せ。



おなじ環境で撮られたものですが、
曲によって、表情の作り方が違うんですね。


TOA_0003s.jpg

TOA_0001s.jpg

ATDやTOAではちょっと挑発するようなかんじ。
Clayのくせの、ちょっと口元を曲げて浮かべる笑顔が見られます。


SSTBTHW_0003s.jpg

SSTBTHW_0002s.jpg


WYやSSTBTHWでは切なげなかんじ。
上目遣いや、ながーいまつ毛に眼がいってしまう、
繊細そうなプロフィール。眼を閉じて歌うシーンが満載。


どっちも震えがきて、気が遠くなりそうになるのはおんなじなんですけどね。


幸せついでに、このClayじゃなかったですけど、
おととしの夏、西海岸で見たClayが、
同じ歌を歌っていた姿も脳裏によみがえってきちゃって、
うるうるしちゃいましたよ・・・。

ああ・・・このClayなんだよなあ。
歌うたびこんな風に、いろんな表情で歌うClayがまた生で見たいんだよなあ・・・・。


上記の2曲が見られるサイトはこちらからどうぞ。

http://www.clipfish.de/musikvideos/artist/2923/meistgesehen/1/clay-aiken


sidneyさん、教えていただいて、本当にありがとうございましたあ!!





家族のかたちって。 

2009.01.09 20:00

ヒマになって、気がゆるんだのか、風邪をひいてしまいました。
おまけに風邪のせいで弱った胃腸が薬でやられ、
夕飯に負けてしまい、一人で勝手に食中毒みたいになり、
それで余分に一日寝込んだりして。
夕飯自分が作ったんだし、文句も言えませんわねえ。

仕事が忙しいときは、どれだけ無理してもしんどくても、
めったに風邪などひかないんですけどね。
それだけに久々にやられると、ほんとによわよわです・・・。

++++++++++

年末に、「あらそういえばClay's Daily Doubleの配信こない」って、
大分たってから気付いたんですけど、
それだけ長い間Clayの情報キャッチをサボっていたら、
いつの間にか年明け、SPAMALOTの出演も終わっていました・・・。
この分では、私の知らないインタビューやらが後で続々出てきそう・・・。



ClayのLast Showが5日で、舞台そのものも18日で終わるそうですね。
不況でみんなミュージカル観なくなってんですか?

どうせならClayのSir Robinで最後までやってくれても・・・・なんて思いましたが、
どっちにしても再び観に行けるわけでもなし。
ちなみに残りのSir Robinは、以前ご紹介した、
Martin Moran氏が出演するそうですね。

090104_post show party


Last Showの前日、舞台後のパーティーでのスナップ。
左はじの美少年がClayのパートナー?と言われているReed君ですか。
さすがダンサー、一人だけえらく姿勢がよく見えます。
Clayの髪の色は、かなり濃くなりましたかね。
私はダークヘアのClayの方が好きなんですが、

raichel ray s

ThePrayer-s.jpg

このBlondy Clayはとっても写真写りがよくて、いいかんじ。

せっかくですからこれを機会に、ごく最近見つけたすてきなClayを並べてみました。
でも、今さら、のものばかりですかね。
っていうか、どっから持ってきたか、わかる人には一目瞭然ですね。
手抜きですみません・・・(^^;)

sd080920s.jpg

sd081016s.jpg

sd091021.jpg

SDでのカット。
アングルによって、Clayはまったく違う雰囲気に見えたりします。
もちろんその日の気分で表情も変わるんでしょうが。

すごくかわいいときもあるし。
すごくおじさんなときもあるし。
ほれぼれするほどきれいなときも、
そのままPCに封印しておきたくなるようなときも(はは)、
膨らんでるときも、ほっそり見えるときもある。
日付が入ってなかったら、絶対順に並べられない。
なんでこんなに見るたび違う人みたいなんだろう、って思うときがあります。


自分も撮ったのでよくわかりますが、
ベストショット撮るのってほんと難しい。
素敵なClayが撮れるみなさん、その労力と技術を尊敬します。

GMAbabypic2_s.jpg

Parkerくんと一緒のClay。
いつか、Quianaの赤ちゃんを抱っこしたときも、こんなキスをしてたような。
SPAMALOT出演終了後、Clayは思いっきりParkerくんの相手をして
過ごしたいんでしょうね。
Reedくんも出演していたWickedをお休みするんですね。
North Carolinaでしばらく休暇をともに過ごすんでしょうか。


ClayとClayのパートナーとJaymes。
いえいえ、もしかしたら、Jaymesにも、もうパートナーがいるかもしれない。
この家族は、私たち日本人から見ると異色かもしれない。
でも、いつかアメリカ人の知人が言っていました。
「僕には母が●人、父が●人、完全な兄弟が●人、
片方だけ血のつながった兄弟が●人、
まったく血のつながってない兄弟が●人いる。
実の母は、まったく血のつながっていない、
父の再々婚相手の連れ子の面倒をしばらくみていたよ」

またシカゴ出身の知人はこう言っていました。
「母は離婚し、僕と妹を育てあげた後に自分がレズビアンだと気付いて、
今は女性のパートナーと暮らしている」

国籍関わらず、養子縁組する人たちもたくさんいます。

アメリカでは、どんな家族の形もあり、なのかもしれませんね。
要は愛情の問題で。家族はどんどん増えていく。


なんだか、今回もつれづれなるままに書き進んでしまいました。
まとめどころがわからない。

claybg.jpg


まあ、とにかく、これからも私はClayの素敵な顔と歌声と、
こんなふうな幸せな表情が見られればいいや。
A Happy New Year!


いつも公私ごちゃごちゃで、子供と食事しながらもPCスタンバってる私ですが、
正月くらいは、と、今年はかたくなにさわらずにいて、
仕事始めの5日、ようやく立ち上げたりなんかしてみました。

新年のメッセージくださった方々、ありがとうございます。
ことしもどうぞよろしくお願いいたします。

みなさん、初夢、見ました?
私、眠りがいつも急でしかも深く、夢の記憶があんまり残らないんで残念なんです。
でも、年明け5日目にして、ようやく夢を見ましたよ。
あんまりいい内容じゃなかったですけどね…。

女友達とグアムに行く夢でした。
でも、自分から誘って彼女を乗せときながら、
なんとホテルはおろか、エアチケットもとってないんです。
しかも、そのことに、途中の検札所
(そもそもそんな所今はないですが。箱崎みたいな所かな)
に着くまで気付かなかったの。

そこで私は彼女に
「今から家に引き返してPCでとってくるから先に行ってて」とか言ってる。
さらに、彼女の滞在先のホテルも知らなくて今更きいてたりして。
そんなやりとりをしてるとなにやらナンパ目当てらしき若い男が寄って来て、
彼女に話しかけてきて。
私はそれを見て「まずいな早くなんとかしなきゃ」とか思ってる…。

何がびっくりって、この何も準備してない状況もそうなんですけど、
一緒に行く予定の彼女が現実の世界では見たこともない人なんですよ。
自分よりかなり若い、かわいい子だったんですけど…。

これから会う子なんでしょうか。
それとも、「こうなりたい」という、自分の願望?
ちょっと栄倉奈々的な、だれもがかわいいと思っちゃうような笑顔の、
すらりと背の高い子でしたよ…。

そんな感じになりたいか私?
…うん、まあ、なれるならなってみたいかも。ずっとじゃないけど。

++++++++++

さて、初Clay。
年明け一番はじめに聴いた彼の曲は、
たまたまシャッフルしてて流れてきた“Something Abovt Us”だったんですけど、
その後続いた“Right Here Waiting”“Without You”にはやられてしまいましたねぇ…。
WYは頭に映像まで、あの超素敵なClayの姿までバン!と飛び込んできましたよ。

やっぱり私、このClayが一番好きなのかもなあ・・・。
なんてったって、あれだけ惚れたのは、AI5での、
この姿を見たからなんだもんなあ・・・。

AI5Clays.jpg

Clayは去年出した新譜が予想以上に売れ行きが伸びなかったため?、
次回作はまたカバーアルバムになるだろう・・・・なんて言ってるらしいですね。
「ATDWは一番?好きなアルバムだし」と言ったとか。

あら?そうだったっけ?
たしか「あれはクライブ・デイビスのアイデアで、自分はあんまり乗り気じゃなかった」
なんて言ってたのでは?
乗り気じゃなかったけど、出来上がったらすごく気に入った、ってことだったですか?
でも「自分の曲」と言える歌が欲しくて、前回のアルバムを作ったんですよね。
はい、たしかそうでしたね(^^)。

ま、私もあのアルバム大好きですから、
カバーでもなんでもClayが作ってくれるなら大歓迎です。
Clayの声が大好きで、その好きな声で歌ってくれる曲が
ずっと好きだった曲、思い入れのある曲だったなら、
もうこれ以上のことはないと思いますし。

で、今度はしっかりプロモーション→ツアーという流れを
タイミングよくやってほしいな、と思います。
去年の夏のコンサートツアーだって、今回だって、
アルバム出してから、ツアーまでえらい間が開きすぎですよ~。

今年はアメリカ、行きたいんだからね~!!!

++++++++++

さて、ちょっと話の出たAI5ですが、
エースという男性出場者を覚えてますか?
けっこういいとこまで残った人だったと思いますが。

エースs


彼がFOXで放映中の“Bones”というドラマに出ていました。

BONESs.jpg
番組紹介のサイトはこちら↓
http://video.foxjapan.com/tv/bones/intro/
歌手を目指す人役で、バーのステージでプロモーターの前で歌ってた。
あの顔はとてもインパクトがあったので、すぐわかりました。
彼も芸能界で活躍してたんですね。

でも、かなりかわいそうな役回りでしたよ。
すっげえやな奴役で、殺されて2週間くらい放置され、
あげく草刈機に巻き込まれてバラッバラの身元不明死体になってました。
実際はもっとすごい状態でしたが、ディテールを説明するのはやめますね。
しかも、役柄とはいえ、「自己顕示欲の強い、一発屋」とまで評されてた・・・。

そのバーの出演者として、たしかAI6の出場者も出てたような。
黒人の、いい声の人でした。
※調べたら、ブランドン・ロジャースという人でした。

ほかにも今回の話には、AIネタが満載で、
ケリー・クラークソンやポーラの名前も出てきました。

たしか、AI5のファイナルには、このドラマのFBI捜査官・ブース役の俳優
(上の写真左の人)がゲストで見に来てて、紹介されてましたね。
本国では同じタイミングで放映されてたのかな。

ドラマの中で番宣ってことですかね。うまいですね、FOX。

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。