いつだってCと。

頭の中を占める、いろんなことがらの『しまい場所』、もしくは『虫干しの場所』。 現在、ほとんどの回線がCLAYにつながっております…。

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

UNICEFのClay・その2 

2008.07.27 00:00

UNICEFトリップで、Clayはソマリアだけでなく、
ケニアも視察したのだそうですね。
(↓の写真はソマリアでのものかも・・・)

Clay in Somalia

実はケニアはその昔、父親の仕事の関係で、
もしかしたら移住したかもしれない国でした。

当時中学生だった私は、その国のこと、というより、
アフリカというエリアのことをその時初めて意識したのでしたが、
ほんの一部の面しかわかっておらず、
「首都はナイロビ、公用語はスワヒリ語か」ということで、
早速図書館で本を借り、片言のあいさつなどを覚えたものでした。

家族(特に母と同居の祖母)の猛反対にあい、
結局行かないことになったのですが、その後彼の地ではクーデターが勃発。
政情不安、生活、習慣のあまりにもの違い…。
あの時本当に行くことになっていたら、今自分はどんな風になっていたか。
おそらくアメリカには留学していなかったろうし、
少なくとも今の自分とはかなり違っていただろうな。

誰にでもあると思うのですが、
振り返ってみた人生には、分岐点みたいなものがいくつかありますよね。
もし今とは違う方に行っていたら…なんて、
考えることありませんか?
私は時々変わっていたかもしれない今までの道のりを
想像してみたりすることがあります。
まあ、「そっちを選べば良かった」と後悔することは
ほとんどないんですけどね。

Clay in Somalia2


さて、彼についての情報すらほとんどない近ごろですから、
これらのUNICEFでの写真は彼の近影を知る上で、とても貴重ですね。
この若草色のシャツ、好き。
Clayの姿が明るく映えて、子供たちの色と対照的です。
外国に行くことはもちろんなく、
白人を見ることもそう多くはないだろう子供たちの目に、
まぶしいくらい明るい姿のClayという人は、
一体どんな風に映ったのでしょう。
初めは自分たちとは違う生き物のような彼に
ちょっと戸惑ったかも…?

Clayはそんな彼らとどんな風にして、打ち解けたのでしょうね。
また何か歌を歌ったのかしら。
そう、彼の本業は歌手ですから。
ベッカムなら子供たちとサッカーをして仲良くなれる。
Clayには歌がある。LTSでも書いていましたね、
「言葉は通じなくても、歌なら気持ちが通じ合えると思う」って。

アフガニスタンで子供にポリオを接種した時や、
学校でアルファベットを教えた時のように、
子供たちに接するClayの映像、
動いている彼の姿が見たいものです…。
スポンサーサイト

UNICEFのClay 

2008.07.19 12:15

今さらという感もありますかね。実はCNNの特番をようやく見たもので。
Clay with Somalia kids edit


ルーシー・リュー、知的な感じで素敵でした。
彼女がレッドカーペットで撮られる写真を時々目にしますが、
自分を魅力的に見せる技、
そして自分のセンスに対する自信のほどがうかがえて、
白人至上主義的なハリウッドで
さすがあれだけ活躍できてるだけのことはあると、
それはそれで好感を持って見ています。

あ、話それちゃった。UNICEFのClayでした。

aacnn2.jpg


白いですねえ、Clay。ブロンドだからなおさらそう見えるんでしょうね。
番組見てて、「アメリカのUNICEF親善大使、有色人種が多い?」
とか思っちゃったんですけど、そんなことないですか?
白人の大使、結構いますか?

で、ウィキペディアで調べてみました。

clayinsomalia2.jpg

結構いるんですねえ。
親善大使って、3種類あるんですね。
国際的に活動するInternational ambassadors(国際親善大使)と、
地域事務所のある国で活動をするRegional ambassadors(地域親善大使)。
それと世界30数ヵ国の支援国で、
自分たちの国の人々にUNICEFの活動を知らせるために選ばれた
National ambassadors(国内委員会大使)。
Clayは3番目の国内委員会大使です。だから日本の冊子にはまず出てこないわけですね。

ちなみに黒柳徹子やスーザン・サランドン、
ウーピー・ゴールドバーグ、ジャッキー・チェン、
セバスチャン・サルガド(写真家)、サイモン・ラトル(指揮者)、
リッキー・マーティン、デビッド・ベッカムなどは
国際親善大使。
あ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団もそうなんですって。

国内委員会大使はそれこそ30数ヵ国にそれぞれ何人もいるので、
人数はたくさん。書ききれません。
意外なところでは
ケン・ドーン(オーストラリア・画家)
レイン・ビーチリー(オーストラリア・サーファー)
マーカス・アインフェルド(オーストラリア・法律家)
トーマス・ブレツィナ(オーストリア・絵本作家)
ディキシー・ダンセクール、アラン・ヒューバード(ベルギー・探検家)
フランク・ディベナ(ベルギー・宇宙飛行士)
マンチェスター・ユナイテッドFC(イギリス・サッカークラブ)
トルーディ・スタイラー(イギリス・環境保護運動家)
モニカ(ブラジル・漫画の主人公)
日野原重明(日本・医師・・・本も書いてるけど)
アナン・パンヤラチュン(タイ・元首相)
ベネズエラ青少年・児童オーケストラ全国制度財団(ベネズエラ・政府組織)
なんていう人たち。
スポーツ選手・ニュースキャスター、映画監督・モデルなど、
それぞれのお国で知名度の高い人を選出するのは必須要素ですが、
なんとなく選ばれている人(と職業)にお国柄が反映されているような気がしますね。

あ、また話それた。UNICEFのClayでした。

UNICEFからも募金を依頼するレターが来てますね。
ちっちゃなClayの写真が毎回ついてます。
Clayの名前で、彼のレポートという形で昨日も来てました。

このソマリアという国を選んだのは、
なぜなんだろう?
食料不足、政情不安に絶えずさらされている、
世界で最も貧しい国の一つ…。
私が知っているのはその程度のことだけ。

個人的には別に、Clayが行ったからというのではなしに、
ソマリア以外の国で自分の寄付金を使ってもらっても
一向に構わないと思っています。
だから、特定の地域にのみ行く寄付ではなく、
今一番必要なところに適宜行くマンスリー・プログラムという形を
わたしは選んでいます。

UNICEFの冊子を読むと、ほんとうにたくさんの国の子供たちが、
それぞれの国の事情で、
さまざまな厳しい環境におかれているのがわかります。
たとえば、
きれいな水がない。
学校にトイレがない。
自分が働かないと家族が食べていけないから
学校に行けない(小学生位の子供が、ですよ?)。
さらわれてきて働かされている。
親に売られて働かされている。
戦争の兵士にされている。
どれもこれも、現在の日本では
聞いたことがない状況ばかりです。
生存のための、基本的な条件すら揃ってない場所で、それでも人は、そこでしかいられないから生きているのですよね…。
そんな姿を目にすると、
自分がどうでもいいことに悩んで
自分や人の時間を費やしてしまうことが、
後ろめたくなります。

Clayもそんな風に感じることがあるのかな。
そして、自分の幸せな立場を再認識して、
子供たちに何かしてあげたい、
というモチベーションに変えるのかな…。
実際に行動を起こして、声をあげている彼の、
そんなところには、いつも尊敬してしまうのでした

最近忙しいのとPCのサーバーがしょっちゅうダウンするので、
なかなかブログが更新できません。
今回のこれも、書き始めたのは何日も前のはず。
ちょっと半端感ありますが、
できるときにアップしちゃおうかな。

ColdplayとJason Mraz 

2008.07.09 15:43

今Coldplayの゙Viva La Vida゙という曲にはまっています。
ipodのCMに使われてTVでも流れているので、
ご存じの方も多いのでは。これです。カッコいいなあ・・・!


シンプルなリズムとメロディの繰り返しでてきてる曲ですが、
パンチがあって、明るくてきれいな感じがします。
グループ自体にさほど興味はなく、
ほかの曲はそんなに聴きこんでるわけでもなく、
とにかくこのipodのCMでほれ込んだって感じ。

歌詞はなんだかとっても抽象的というか、
隠喩的でよく意味がわからないんですけど、
自信満々だったころ見えていた世界と、
今いろんなことがわかった後の世界がすごく違ってて、
なんか失望してるような、
傍観、諦観してるみたいな感じ・・・の内容、なのかな?

歌詞を丸無視で、あくまでもメロディだけ聴いてると
なんか元気になります(^^)。
アップテンポなので、自分の動きもつられて軽やかになる。
というわけで現在この曲だけリピート中。
一週間くらいで500回以上って、かなりしつこいよね・・・?

その前はJesse McCartneyの方の゙Bleeding Love゙でしたが、
ちょっと悲しい歌詞で、つい気持ちが柔らかくなってしまうので、
忙しくなってきている今の時期にはちとマイナスかと。

このところでっかいコンペが複数動いていて、
その準備のために、なんだか一日中会議と打ち合わせ漬け。
夜10時半くらいに席に戻ると、
もう一秒たりとも会社にいたくなくなり、
帰宅して、今度は自分の担当作業。
毎日1時2時に寝ては朝、弁当作りのために早起き。
当然また、ベッドに寝ない、ソファー生活です。
この時期、生きてるのがけっこうつらくなりますね・・・(^^;)
でも、今年、自分がいくら稼げるのか、
その大半がこの時期に決まってしまうので、気は抜けません。

あともう少し。頑張らねば。。。

実は今月、誕生日が来ます。
で、偶然月末にJason Mrazが来日して、
渋谷でライブをする!ということを知り、
「あ、これを誕生日プレゼントにねだろう!」
と思ったのですが。
場所はライブハウス。狭いし、とうぜんチケットは完売。
・・・そりゃそうだよね。
Clayみたいに日本で知られてない人じゃないですもん。
ま、しかたない。仕事につかってると、情報入手も遅れて悲しかったりします。

Jason Mraz,好きなんだよなー。
とか言っちゃって、でもまだ新譜は聴いてなかったりするんだけど。
使う言葉とか、音作りとか、なんか「職人」って感じがするし、
音作りとかもいろんなこと試していて、
根拠はないんだけど、楽しく音楽やってるような気がする。
そのクリエイティブな姿勢(あくまでイメージ)が好き。
ついでに言うと、裏返す声と、ひょうきんそうな顔も好き。
歌詞に聴き入ると、けっこう悲しかったり切なかったりする歌もあるんだけどね。

一番好きなのは、”Geek In The Pink"
”Life Is Wonderful” ”Mr.Curiosity”も好き。
”Geek・・・”は以前紹介したので、
今回は他の曲をどうぞ。
Mr. Curiosity by Jason Mraz


・・・リンク貼ろうとしたんですが、
いつのブログで紹介したのか、見つからない。
さがすのめんどくさくなったので、再び貼っちゃおう。。
Geek In The Pink by Jason Mraz


・・・またやってしまいました。
夕飯時、さあ、ご飯、と思って炊飯器開けたらスイッチ入れてなかった。
でも、このくらいならみなさんもやりますよね…ね?

++++++++++

夫が単身赴任することになり、
その引っ越しの手伝いで先週末を仙台で過ごしました。
いやあ、いいところだねえ、YOUちゃん。

前日・金曜の晩、怒濤の打合せラッシュのあと、
遅くまで飲みに行った私が悪いんですが、
やらなければいけないことがあって朝方4時半に起きたものの、
なんだか目の前に山積みの仕事にボー然として、
とりあえずもう一回横になってしまった。

結局寝坊気味で、バタバタと出発することになり、
新幹線では爆睡のせいで寝違え、ひどい頭痛を抱え…。
このまま引っ越しの片付けかよ~…
と、身も心も最悪のスタートでしたが。
2008062812250000.jpg

まだ荷物の届かない、からっぽの部屋に寝転んで空を見上げる。
このまま気が遠くなりそうでしたが・・・。

お天気は曇り空で明るくはなかったものの、
適度な気温、そして目に優しい木々が街のいたるところに。
そういえば、仙台は森の都、と呼ばれていたんでしたね。
ささくれた心を癒すような、
おおらかで落ち着いた大人の街という印象を受けました。

2008062811440000.jpg


結局、お引越しの手伝いは順調に夕方までには終わり、
夜は夫のおごりで牛タンを食べに(^^)。
東京で出てくるような、薄っぺらいのが数枚・・・っていうんじゃなくて、
厚みのある、ジューシーな牛タンが山!って出てきました。
残念ながら、写真を撮るのを忘れたので、HPからの写真をどうぞ。

yaki_hi.jpg

(すぐにかぶりついてしまい、全く思いつかなかった私 ^^;)
「もうしばらく牛タンはいいぞ~・・・・」と、
言葉が途切れてしまうくらい、たらふく堪能いたしました。
幸せ♪お手伝いに行ってよかったです。

t121612ps1.jpg

それにしても、仙台。
きれいな街並、すてきなお店、おいしい食べ物・・・。
生活に必要なお店も、生活を楽しくするようなお店も場所もちゃんとあって、
まさに都会的な機能と、豊かな自然に緑に囲まれた、理想的な街です。

9月には前にYOUちゃんがブログで紹介していた
ジャズ・フェスティバルがあります。
この時期にはまた、行ってみたいかなあ、と思っていましたが。

CIMG0573.jpg


いやいや・・・。
今まで日本のあちこちに転勤でついていきましたが、
今回は双方の親たちも、いつになく、かなり遊びに行くことに乗り気。
うちの母はもう「七夕まつり」を見に行くつもりで
勝手に計画を立てています(^^;)。

9月よりも前にまた行くことになるかもしれませんね。。。




| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。