いつだってCと。

頭の中を占める、いろんなことがらの『しまい場所』、もしくは『虫干しの場所』。 現在、ほとんどの回線がCLAYにつながっております…。

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

年の瀬に。 

2007.12.31 07:19

AI5ファイナルを見ながら・・・。
AI5rerun

案の定、涙が出てきてしまいました。
やっぱり私ってどこかおかしい。
放映後、1時間も、何度も何度も見返しては、
そのたびに涙が出てきちゃうんですから。
Clayに会ってからというもの、感情というか、
涙腺の回路が確実に異常をきたしてしまいました。

でも。
初めてClayを見たのがちょうど去年の年末にやった、
まさにこのAI5ファイナルで。
一年の終わりを同じ番組で締めることになったのは、
やっぱり感慨深いものがあります。

12

あのときから今まで、
自分のまわりでもいろんなことが変わりました。
大切な人を失ったり、長く音信のなかった人たちと再びつながったり、
新しい気持ちでまた仕事に打ち込めるようになったり、
実は自分の外見すら変わっちゃったり。

ネットの世界でたくさんの人と知り合い、
オフ会というものにも初めて参加して、
思いっきり大好きなClayの話や、
Clay以外の話もできるような友達もできました。

ときどき考えることですが、
もし来年自分の命の期限がくる、ということになったとしたら、
きっと今年1年が、
今まででもっとも充実した1年のうちのひとつであったと、
はっきり言い切ることができるだろうな、と。
そのくらい、ここしばらくないほど、
いろんなことを自分で決め、考え、行動した年でした。
ユニセフ

来年はいったいどうなるのかな。
今年できなかったこと、改めなきゃと思ったこと、
少しでも向上していくことができるのかな。
でも、どんなときでも、やっぱり来年もClayは自分の中にいて、
いろんな場面で影響を与えてくれるんだろうな、と思います。

あふれそうになって、このままではどうにかなりそうで、
とにかく自分の想いを外に出すことを目的に始めたブログ。
自分勝手な思い込みとか、ときには人を傷つけたり、
不快にしてしまうような言葉や表現もあったと思います。
誰にも読んでもらえなくてもいいから、と思ってはいましたが、
思いのほかたくさんの方々に遊びにきていただいたようです。
もしもここでいやな想いをされた方がいらしたとしたら、ごめんなさい。
そして、こんな自己満足なものを読んでくださった方々、
あたたかいコメントを寄せてくださった方々、
ほんとうにありがとうござました。
ありがとう

とにかく仕事でもプライベートでも書くことが大好きなので、
来年もきっとくだらないことをたくさん書き連ねていくことと思います。
よろしければまたお付き合いくだされば、うれしいです。
そして、まだ出会っていない、新しい方々との出会いも期待しつつ・・・。

今年は本当にお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
ND


スポンサーサイト

いよいよ今晩ですね。
またあのClayに会えます。
Clay壁紙
もう何度も見てるのに、この時のClayを見ると、
いまだに自分がどっかに行っちゃいそうになります。

ダンナが音と画質にうるさいやつゆえ、
金もないのにうちにはブルーレイレコーダーなどという、
分不相応なものがあります。
確かに映像を見ると、あれほどきれいに見えたDVDもかすむほど、
画質の美しさは各段の差があります。

でもね。今回の放映はFOX HDの方ではやらないんですよね。
FOXの方だとブルーレイで録画しても大してDVDと変わらないそうです。
機械オンチのぬか喜びでしたが。
でも、そういうわけで、うちには録画機器が2台あるので、
どっちでも録っちゃいますよ~。WY・InvisibleのPVのように、
2つ並べてDVDに焼いて、あ、前回のもあるから3回分焼いて、
続けざまに見ることもできますー。。。

はは。ばかみたいですね。
それほどこのClayには私、病気です。


でも、その前に。

私の好きなサイト、「getclayaiken.com」の、
創作小説コーナーで、またすてきな話を見つけてしまいました。
いいタイミングで見つけちゃって、是非紹介したくなっちゃいました。
(ご本人の了解も驚くべきスピードで取れて、よかった~!
Thank you for the permission, dixiehellcat!)

まさに今夜見られる、あのNew Clayに関するエピソードなんです。
こんな風にあの時のことを想像してみたことはなかったので、
ほんとに目からウロコ、びっくりして、感動しちゃいました。
Clayの立場に立ってみたら、これは相当ありえる話だったかな、と。

番組を見る前でも見た後でも。
つたない訳ですが、よかったら読んでみてくださいね♪

ゆびふり
この指ふりに、またしびれちゃうんだよな~。。。








Clayの唇。 

2007.12.29 21:07

Reeses Lipcream
昨日横浜ランドマークのソニプラで買った、
ピーナツバターチョコレートフレーバーのリップクリーム。
「食べ物ではありません」って書いてあるけど、甘いんだよねー、これ・・・。

アメリカのリップクリームって、
いろんなフレーバーのものが多いなあって、ずっと前から思ってたんだけど、
多分キスをよくする人たちだってことと関係あるよね、ぜったい。
ホストシスターのジーンズのうしろポッケにも、
必ずチェリーフレーバーのリップが入ってたっけ・・・。

waukegan1.jpgWaukegan2.jpg
Clayの唇。
うすいけど、きれいな形をしていますよね。
色もきれい。やわらかそう。
荒れているところを見たことがありません。
ぜったいリップクリーム、つけてるよね。
(上の2枚と以下6枚、全て待ち受けサイズです♪)

albany.jpglip1.jpg

lip3.jpgwilliamsporrt.jpg


kalamazoo.jpgcleveland2.jpg

Clayの使ってるリップは、
どんなフレーバーなんでしょう・・・?



**********************************

Holiday Celebration On Ice、見ました?
ずいぶんさっぱりした番組でしたね。
最初に"Clay Aiken"て出ただけで、
ナレーションも紹介のコメントも何もなくて。
その分パフォーマンスがぎりぎりまで放映されたので、
Clayの姿もけっこう見ることができましたね。
他の曲でスケーティングした人もいたということをうっかり忘れてましたが、
最初と最期はClayでしめてあったし、
サーシャからスケート靴を渡されて、
みんなと一緒に滑るところまでちゃんとやりましたから、
よかったですよね。

これ見て、「わ、この人誰?すごくステキ・・・」とか思って、
またまたNCAさんのサイトにたどり着く人が出るのでしょうか。
日本のClaymateが増えるといいですね♪

さて、Clay’s Daily Doubleを購読している方はもう知ってますよね。
前にもちょっと紹介されましたが、
サーシャとClayが一緒にスケートをしている映像です。
しかも今回は一緒にピアノまで弾いています。
この二人、見た目も、してる会話もすごくかわいい。
とても来年30歳の人とは思えません。

Clay and Sasha skating and playing the piano



※ちっちゃいのはクリックで拡大します。
6_20071227230535.jpg5_20071227230556.jpg

What  Are You Doing New Year's Eve

ゲームとしてはまだ早すぎるかも
でもきっと同じことをきくんだろうな
New Year's Eveには何をするつもり?

誰が君をやさしく、つよく抱きしめるんだろう
時計が12時をまわり、新しい年を迎えるその夜に
New Year's Eveに

こんなこと考えるなんてどうかしてるかも
もし僕が選ばれたらなんて
君にはたくさんの誘いがあるにちがいないのに

でも万が一にそなえて、小さな望みに賭けてみるよ
ジャックポットの質問みたいに、前もってきいておく
New Year's Eve 君はどうするつもりなのか・・・

3_20071227230651.jpg4_20071227230717.jpg



わーお。ラブソングだったよ・・・。

Clayの歌うクリスマスソングといえば、
キリスト生誕を祝う歌、神様を賛美する歌、
そして、広くあまねく人類に愛を説く歌・・・。
そんな風に思い込んでいました。

でもまあ、稀なケースではありますよね。

2_20071227230727.jpg1_20071227230831.jpg


あ?いやいや、これはクリスマスソングじゃありませんでした。
New Year's Eveといえば、大晦日。
いわばホリデイソングというやつですね。

でも、これも考えてみるとちょっと不思議。
アルバムの中でもクリスマスソングでないの、この曲だけですもんね?
(註:うそです。WWもそうです。でも、ラブソングではないんですよね)
Clay,気に入ってるんでしょうか。


この曲、はじめのうち、なぜか
今回のクリスマスコンサートで歌ってると思い込んでまして、
「あら意外。もしかして、ラブソング?」なんて思って訳してみたんですよ。
みごとな勘違いだったので、そのままうっちゃっておいたんですけど、
昨日Holiday On Ice見てたら歌ってましたね。
良かった無駄にならなかった。
かわいいぞ2


CU見ましたか?
番組ではClayの名前が何度も呼ばれ、
歌う姿も結構映されてましたね。
スケーティングといい感じにClayの映像がミックスされてて、
両方楽しめる感じだったので、ほっとしました。
あの時Clayの声がちょっとしんどそうだったのを思い出したので、
見るまでドキドキしてたんですよ…。
ようこそ


ダークヘアがClayのかわいさを引き立て、
スケーターたちのために、ちょっと控えめな居ずまい。
それでもやっぱり素敵に輝いていましたね♪

かわいいぞ
みんなで


アメリカでは2時間の番組なのに、日本の放映は1時間。
一体どんな風な構成になるんでしょうか?
間違っても日本人の司会案内役とか足してほしくないですね。
どんどん番組が削られちゃうから。

こんなかわいいインタビューもあったのに、
きっとカットされちゃうんだろうな・・・。
インタビュー1インタビュー2

インタビュー3いんたびゅー4

インタビュー5インタビュー6


大晦日にはClayはどこにいるのかな。
I'd rather ask you, Clay.
What are doing New Year's Eve?

素朴な疑問 

2007.12.26 01:30

「歌っているとき、一体何を考えてるの? 」

何考えてる1

OmahaのM&GでのClayへの質問。
これににいたく感動してしまった私。まったく同じこと考えてたから。
多分誰もが考えたことがあると思うのに、
こんなにシンプルな質問、どうして今まで誰もしなかったんだろう。
でもまあ、もし自分がClayと会えてたとしても、
こんな質問、多分その場で思い付けなかったとは思うんですけどね。
これに対するClayの答えは・・・?
詳しくはNCAさんのサイトをご覧ください♪
何考えてる?
こんなに真剣な表情をしてたのに、考えてたことといえば、
「今日の夕飯、何食べようかな」だったりして。
うう。かわいいぞClay!!

笑ってるよ。
あれ・・・?笑ってるよ・・・・・。何考えてんのー???


さて、そんな私にもひとつ素朴な質問をさせてください。

「しばらく家に帰ってないというClay、着替えとか、どうしてるの?」

もちろんそんなくだらない質問に答えてくれるわけがないので、
勝手に自分で考えることにします。
今回の内容は、多分にくだらない可能性がありますので
もう読むのやめてもいいです。
読み続けてる人、怒んないでね(^^)。

Meet&Greeterによると、Clayはフーディにスエットパンツ姿が多かったみたいですね。

ふーディー1

これって多分、部屋着兼寝巻きなんでは?

ねまき
・・・これは衝撃を受けた。ねまきだよね、どう見てもこれは。


下着と靴下は毎日変えるとしても、
外側を取り繕う努力をClayがするような気がしません。
お気に入りを2、3パターン着まわし、ってとこかもしれませんね。
寝ても覚めてもフーディーとスウェットパンツ。

フーディー3

ツアー中は毎日バスかホテル暮らしですから、まとまったところでお洗濯か?
もちろん自分でするわけがありませんよね。そんな時間はないでしょう。
では、もしかしてJamieが?いやいや。彼女だってそんなに暇ってこともないですよねえ。
ホテルのサービスですよねきっと。一切合財。 もちろん下着も何もかも。
ああ、この日だけ、お部屋係の人の中に入りたい。

フーディー2

衣装もちのくせに、気に入った服、数パターンばかりを着回すClay。
にもかかわらず着倒したりするでもなく、
何年も大切に着続けられるのは、ある種の得意技といえるかもしれません。
って、ただ何も気にしないだけなのかもしれませんが。穴とか、ほつれとか。

もしかしたら、プレゼントは着るものがClayは一番喜ぶのかも。
好きな色で、着心地がよければ気に入ってもらえるかも?
そしたら、ぼろぼろになるまでずうっと着てもらえるかもしれませんし。


さて、ユニセフトリップ to メキシコ。

メキシコはあったかいので ダウンとか、かさばるものは必要なさそうです。
改まった場所用にスーツを一式用意しとけば、
ポロシャツ


あとはお気に入りのポロシャツと、そうそう、この短パン!
短パンぼろぼろ
しかもすそ、ほつれてますぜ?


このあたりのワードローブは、
YMCA時代、長期間サマーキャンプにいたことがあるClayですから、
慣れたものかもしれませんね。

ところが。
ユニセフでのClayのブログによると、ママFayeも、Brettも、 Clayも、
フライトの途中で荷物が見当たらなくなってしまい、
Clayの分はいまだに見つからない、とか。
で、とりあえずこのユニセフTシャツなんでしょうか?
ユニセフinMexico


Tシャツを着てるClayを見るのは久しぶりです。
Old&Teacher Clay復活って感じ。

でもそんなトラブルにもかかわらず、
家族とユニセフのスタッフとともに、
メキシコで被害に遭った人々に会って、
一緒にクリスマスを過ごせることが、
この上もない幸せだ、と言っています。
なんだか、コンサートの時よりも活き活きとしていて、楽しそうで、
「ああ、この人はほんとに"Mission"の人なんだな」
「人に喜びを与えることが自分の喜びになる人なんだな」
と思いました。

壁紙インドネシア

あれ、いつの間にか感動モード?
いえいえ、なんか今日はとってもいい加減な気分でして。
話が転々としてすみませんね。


ユニセフトリップが終われば、
今度は本格的にNY入りです。
アパートメントは見つかったのかな?
ここでは多分いろんなことを自分でするのですよね、
いくらなんでも・・・・え?もしかして、
ここでもJamieが?
まさか、そんなことがありますかしら・・・?
NY

どうしましょう、NYの街角で、
誰かとツーショットで歩いてる姿を見ちゃったら。

・・・っていうか、見れたら幸せじゃなかたっけ?
ショックで、幸せ? 

なんだか変な流れになっちゃいましたので、
これ以上妄想しないように、終わりです。


ああ。とうとう終わってしまいましたね・・・。

 MerrillvilleのClay。前半は前髪あり。
前半前髪

後半はおでこ出し。1回でダブルのうれしさでした。
後半おでこ

DSIAFCDではAngelaと頬を寄せたり、
with A

Quianaと寄り添ったり。 Familyの仲の良さを改めて感じました。
with Q

DSI・・・のラストで、Quianaが飛び上がって喜んでいました。
どうして?Clayが最後にAngelaの方でなく、彼女に向かって歌ったから?
やった!
なんともかわいいやり取りです。
ラストコンサートらしく、今回はそれまでとは違い、
和やかで、どこかほっとした雰囲気が漂っていたような気がします。

he loves singing1
今回のコンサートでははじけるような彼の笑い声もなく、
笑顔を見せることも少なかったような気がしましたが、
それでもときおりこんな風に笑う姿が見られると、
ほっとして、こちらの心もあったかくなりました。

he loves singing
歌いながらかすかに笑みを浮かべるClay。歌うことが好きなんだな、と思います。
歌うことで、幸せを感じているように見えます。

輪郭2
夏に比べ、ずいぶんとやせて、すっきりしたClay。
顔の輪郭なども変わり、すっかり「大人の男」の雰囲気が定着してきましたね。
それでもつい、「かわいいClay」をさがしてしまう私。

私ももうそろそろ、親バカみたいな心配のしかたから
卒業しなければいけないのかもしれません・・・。

おじぎ前
おじぎ中
おじぎ後
ImClayAiken00.jpg
ImClayAiken01.jpg
ImClayAiken02.jpg
ImClayAiken03.jpg
I'm Clay Aiken, Merry Christmas!  Good night!!

衣装と髪型の微妙な変化で私たちを試すような(?)姿で、
いつもの彼独特の楽しいBanterもなく、
クリスマスの本来のあり方らしく、敬虔で、厳粛な雰囲気で進んでいった
今回のコンサート。
ちょっと寂しい気もしましたが、それでも
去年のようなひどい体調の悪化もなく、
丁寧に大切に一曲一曲を歌い上げ、
いつものように素晴らしいステージを見せてくれたことには
素直に安堵と感謝の念が沸き起こってきます。

時には雪などの天候の悪化で移動が困難だったこともあったかもしれません。
ステージの合間にはインタビューや、ユニセフトリップなど、
今後の予定の準備などで、食事をとる時間も、寝る時間も、髪型を整える時間もなく、
過密なスケジュールをこなしていったのでしょう。
でも、今回もClayは頑張りましたよね。

Clay,すばらしいステージを見せてくれてありがとう。

best one


Dear Clay,

今年のあなたはいつもと違うクリスマスを過ごすと言っていましたね。
世界には困難な状況の中で、心からクリスマスを祝えない人たちがいる。
だから今年は自分たちもクリスマスを楽しまず、
彼らを励ましに行くのだと。

それでも私は願わずにはいられません。

あなたにも神の御恵みがありますように。

あなたが彼らや私たちに幸せをもたらすように、
あなたにも幸せがもたらされますように。

Merry Christmas, Clay.

Man on a Mission 

2007.12.23 02:35

おとといのブログで書いた
「すごい勢いで好きな曲」、2日でプレイカウントが100回を超えた。
"December Boys"と、"Goodbye Philadelphia"をくり返しくり返し。
相当しつこいよね。家族は大迷惑だ。
しかし、寝るときもipod聴きながらなんて、今年の初めにClayでやった時以来だ。
(さすがに夜中に目が覚めて止めたけど)
どこまで好きなんだこの2曲。

そのipodといえば、トップ25(よく聴く曲)に“Sleigh Ride”が入っていて目を疑った。
なんで?そんなに聴いたかこの曲?
DSIAFCD、MGUCL、MCWLあたりはわかるけど。
まあたしかにこのときのClayは激かわいいけど。それにしても、なんで???
私のお気に入りはやっぱりこのKalamazoo。

Kalamazoo_20071223025134.jpg

The Man On A Mission
ウガンダ


アフガニスタン

常に使命を持つ男、Clay。
コンサートが終わると、すぐにUNICEFトリップが始まります。
19・20日連日のMinneapolisには、
ママFayeも見に来たらしいですね。
そのまま合流してメキシコへ・・・なのかしら?
と、すると、MinneapolisにはBrett君も来るのかしら?
(インタビューでは合流するようなことを言ってたみたいですね)

ホームタウンでクリスマスが過ごせなくても、
家族と過ごせるならどこでも幸せだね、Clay。

Clayが今、洪水の被害に遭ったメキシコへの援助を呼びかけてますね。

うちには「罰金貯金箱」というのがあります。

ユニセフ貯金箱

これは冬季限定のものなんですが冬の間、暖房であたたまった部屋のドアを
開けっ放しにしてしまったときに、罰金を入れるための貯金箱です。
一回10円です。
たまったお金はUNICEFへの募金になります。
始めたのは今年の2月くらいから。
もともと開けっ放しにするやつが多く、困っていたので思いついたことですが、
UNICEFに寄付するんなら、お金は多い方がいい。
なんて、矛盾する感じですが、払う方も、請求する方も、
「まあいっか」という気持ちになれるのでむしろ精神的には
よかったかも、なんて思います。
時には「めんどくさいからまとめて前払いしとく」(父)と言って、
100円とか入れてしまうので、
本来の目的がちゃんとわかっているのか、今ひとつ疑問は残りますが。

さて、先日いくらたまったのか、数えてみました。
総額は1041円。
なんで1円?とか思いますよね。10円単位のはずなのに。
これは財布の中の小銭、特に5円とか1円とかがうっとおしくなるくらい
貯まったときに入れるからです。

この貯金、下の娘が結構乗り気です。
自分のプーさん貯金箱を提供してくれました。
積極的に家族に徴収して回ります。
まだ冬は先がありますが、年末なのでそろそろこれを送ろうと思いますが、
さて、送り先はどうしようか。
UNICEFは目的別に募金の呼びかけがありますもんね。
それに日本支部からも、アメリカ支部からも呼びかけのメールや手紙が来るので、
正直、どこに送ろうか迷ってしまいます。
娘と相談して、今回はメキシコのために募金することにしました。
まあ一回10円ずつなので、たいした金額ではありませんが、
子供が主体的に集めたものなので、価値はあるかと。


OmahaのClay。

Omaha1.jpg
会場時間が遅れたんですか?
アンコールのAIWがなかったらしいですね。
行った人は残念でしたが、歌わなかった理由がそれだけならいいんですが。
レポートで、耳の下をさわっていた、と言ってる人がいたので、
「え?!」
っと、去年のことを思い出して、ちょっと心配モードに入る私。


なんだかちょっとお疲れのようにみえます。
おつかれ?


寝不足?目の下がふくらんでる。

ねぶそく?


あとはラストのMerrilvilleだけだよ。
頑張れClay!

くちびる
このアングル、くちびるがぽってりとして見えて、かわいいね。


富士山

昨日は名古屋で撮影。
2時くらいから6時くらいまで
オフィスの一室でずっと名古屋の街並を撮ってました。
夕方からa

夜へa

ずっと線路を見てたから、
ライトの形で何系の新幹線が走ってるのか
見分けがつくようになっちゃったよ。

予報では晴れの予定だったんだけど、
実際は完全なる曇りで、遠くがガスっちゃって、あんまり良くなかったな。。


名古屋駅のクリスマスライティングも華やかで、
みんなが記念撮影でにぎやか。
名古屋ライティング2

名古屋ライティング1

撮影終了後は、CTNさんと会うために、Shootersに行きましたー。
週末&クリスマスシーズンで、お店は満員ムード。
shootersカウンター

お料理もクリスマス・ディッシュです。

クリスマスディナー

おいしかったです~♪

いつも結構急に名古屋行きが決まるんですが、
CTNさんは快く迎えてくれます。
そしていつものようにClayやCTNさんのソウルメイト・Nealの話をする間、
CTNさんのダンナさまはお店の自慢料理を紹介してくれたり、
お客様やお店のスタッフに声をかけに行ったり。
辛抱強く私たちの話が途切れるのを待って話しかけてくれるときもあります。
ほんとに優しいダンナさまです。
もう私はすっかりファンです(笑)。

帰りは最終の新幹線だったのですが、もう全然時間が足りず、
またまたNY行きの話はあまりできず…。
でも、とても楽しく、エネルギーを充填するような時間が過ごせました。

CTNさん、ダンナさま、ありがとうございました。
またお会いしましょうね~!!



20日MinneapolisのClay。19日とどこが違うか。
これが19日。
MN19日

こちらが20日。
MN20日
スーツが違いましたー。でも引きの写真じゃないと、
ほとんど違いがわかりませんねー。

今回のコンサートでは、
女神の皆さんは、ちゃんと日付と場所のクレジットを入れてくれていますが、
それをしないと、本人たちもわかんなくなっちゃいますもんね。
もちろんファイリングするのにも大助かりです。
夏の写真なんて、いつどこのか調べきれず、
まだ分類できない写真があるんですよ・・・。

手1

ストロベリー・ブロンド。きれいですねー。
やわらかそうですねー。
手2

いつも思うんですけど、Clayの手、きれいですよねー。
ふっくらとして、やわらかそうで。
男の人の手に見えないなー、と思っちゃいます。
夏はそれほど思わなかったんですけどね。。。

手3

どうしても、目がいってしまいます。
大切そうに、やさしくマイクに添える手元に。
両手でマイク
両手で持つなよー。
かわいすぎるじゃないかー。



どうしよう。 

2007.12.21 10:50

・・・どうしたことか。
すごい勢いでこの曲が好きだ。
"December Boys" by Peter Cincotti


きっかけはkeiさんのブログで彼の"Goodbye Philadelphia"
を紹介していたこと。
"Goodbye Philadelphia" by Peter Cincotti


スタイリッシュなピアノの調べに乗った、
ちょっとジャジーで繊細な歌声が気になって、
youtubeへ。そこでいろいろ聴いた結果、
ituneでnew albumをダウンロード。
そこでこの曲に出会ってしまいました。

このPeter Cincottiという人、何者なんでしょう。
名前はピーター・シンコッティと読みます。
何系の人かわかりませんが、生粋のニューヨーカー。
現在23歳ですが、19歳の時にファーストアルバムを出して、
今回のは3枚目になるとか。
19歳当時の映像も見つけました。

"Rainbow Connection" by Peter Cincotti


19歳ですよ。すでに完璧じゃないですか?この落ち着いた歌いっぷり。
それもそのはず、
9歳の時にはハリー・コニックJrのステージで共演していたとのこと。
ピアノをはじめたのは5歳のころらしいんですが・・・たったの4年で・・・。

3枚目のアルバム"East Of Angel Town"は、
かのデビッド・フォスターがプロデュースしています。
彼に発掘されたんでしょうか。
こんな才能の卵を彼がほっとくはずありませんもんね。

ところで"December Boys"って何だ?
いったいどういう意味だ?って思ってたんですけど、
どうやら同名の映画のエンディングテーマ曲らしいです。
(って、相変わらずどういう意味なのかは解明されてませんが、
まあいいや)
ダニエル・ラドクリフくんが主演なんですって。


同じくデビッドに見出されたマイケル・ブーブレも歌ってたこの曲も、
ファースト・アルバムで歌っていました。

"SWAY" by Peter Cincotti


曲自体が甘い感じなので、個人的にはマイケルよりも
さっぱりした彼の声の方が好きかも。
いや~、とにかくなぜだかわかりませんが、
彼のことが気になって気になって、
昨日はずっとネットで調べまくってしまいました・・・。

Clayのclackダウンロードしながら、BGMはPeter。
ituneのプレイカウントが上がる上がる・・・。

今日時間があったら、前の2枚のアルバムを買ってきちゃうかも。
っていうか、3枚目のアルバムも買っちゃうかも。
すでにダウンロードしてあるのに。
ファンクラブがあったら入っちゃうかも。
だって、11月に来日してるんですって。
また来日したらライブ、行きたいじゃないですか・・・。

とにかく曲がどれもこれもかっこいいんですよー。
ピアノも上手い。歌の内容も好き。
ちょっと若いころのビリー・ジョエルみたいな感じかな。
(彼も生粋のニューヨーカーですね)

"East Of Angel Town" Promo by Peter Cincotti



あれ?まずい・・・?
この状況、ちょっとまずい?
いや、すごくまずい・・・?


なんちゃって。大丈夫だよん。
私が心配のあまり、ごはんも食べられなくなっちゃうアーティストは
すてき1

この人だけ。昨日もとってもステキでしたね。
寝る間も惜しんで声や姿を求めたり、
想いのたけをつづってしまうのも

せつない

この人だけ。 なんて切なげな表情。
それは変わらないよ。
cute smile

きれいな手
あいかわらず美しい手。
Minneapolis.jpg

多分、絶対ね。。。
はねてるよ

Erieでのこのはねた髪に
「どうしたのClay?」と顔がひきつって(笑いで)、
「誰かなんとかしてやれよ~!」とPCに向かって叫んでいたのは
つい数日前のこと。

なんですが。
17日のClevelandを見てまたまたぶっ飛びました。
それどころではありませんぜ。
まずは映像をどうぞ



さらに、あまりにもたまげたので、いっぱいキャプチャーしてしまいました。
Clay、神聖なクリスマスコンサートはどうした???
どうしたのClay1
どうしたのClay3

どうしたのClay2

どうしたのClay5

どうしたのClay6

どうしたのClay7

どうしたのClay9


どうしたのClay4

いやあ、楽しそうですねえええ。
ここ最近、こんなに楽しそうなClayを、見たことがあったでしょうか?
前回こんなClayを見たのは、いったいいつのことだったでしょうか?

先日「そろそろ起承転結の『転』とか、ないかなあ」
なんて言ってしまったら本当に予想外の展開が起こってしまいましたが、
(註:MorristownでのM&G)、
今度はClayは『結』に向かって突っ走ることにしたのかもしれませんね。
lets play!
 
思えば夏のコンサートツアーでも終盤のフロリダあたりから
Clayはどんどんぶっ飛び出しましたよね。
今回のこれもそんなパターンの予兆かもしれません。
コンサートも残すはあと4場所。
どこまでいくか、Aiken氏。
そして、夏のOrlandと同様、今から充分面白くしておいて、一転、
ラストのMerrilvilleで、またまた私たちを 感涙の渦に巻き込もうというのでしょうか???

いいことあったのかしら?
ママFeyeやBrettと会えるから?
それとも他にも何かうれしいことが?

いずれにしても、Clayが楽しそうだと私も楽しい。
Clayがうれしそうだと私もうれしい♪
Cleveland1

これからラストまで、ますます見逃せませんよ~!!
(とか言って、どーんと落っこっちゃったらどうしよう・・・)
なんか顔変わったぞ
Clay、また顔変わった?

いやいや・・・。
私がお酒飲んでたせいかもしれないんですけどね。
Williamsport.jpg

なんともほほえましい髪型ですね。
一体誰にされたんですか、この髪型?
誰が2

Clayの髪、これがきっと元の色、ですよね。
見事な色ですね。きれいですね。全部が薄い人なんですね、Clayって。
黒いバックだと、いっそう光輝くような色合いです。ブロンド、ともいえるのでは?
金髪 

・・・なぜか、「の●太くん」って、呼んでしまいたくなって・・・。
ごめんなさい。怒らないで。

*************************************

さて、昨日はClayにクリスマスカードを送るためのオフ会でした。
今回も日本のあちこちから13人もの方々が集まり、
とっても楽しい時間を過ごすことができました。

クリスマスカードは前回バースデイカードでした時と同様、
見てもらいやすいように、一冊のスケッチブックにまとめました。
表紙は今回もFairy Mary Clayさんの力作。テーマはお正月?
表紙

中にはみなさんが書いたクリスマスカード。
力作ぞろいです。 ちょっとだけ紹介させてくださいね。
※参加されたみなさん、今回も全部写真撮ってありますから、
ご希望の方はお知らせくださいね。
中味1中味2

 中味4中味5

で、最後はkaoruさん制作のクリスマス画像。
またまたすてきです。
ラスト

そして、今回も今までの集合写真を初めから順に貼っています。
ただ貼りならべるだけ・・・・とも思っていたんですが、
なんとなくさびしい感じがしたので、
独断でちょとメッセージなど、入れてしまいました。
英語、合ってるといいんですけど。まちがっちゃってたらごめんなさい!

1_20071217195831.jpg

2_20071217195844.jpg

3_20071217195901.jpg

4_20071217195917.jpg

5_20071217195933.jpg

日本の世界遺産の場所を紹介するカードも貼ってみましたよ。
(アーミン、ご提供、ありがとうございました)
6_20071217215755.jpg



オフ会参加のみなさま、お疲れ様でした。
そして今回参加できなかったみなさま、またの機会に是非ご参加ください!

このスケッチブック、ちょうどいい大きさの白い箱が見つかったので、
プチプチシートと化粧紙に包んでおさめ(一番上の表紙写真)、
22日にコンサートに行かれるHS Girlさんに直接送って、お願いしようと思ったのですが、
クリスマスシーズンたけなわ、そろそろ日程的に届かない危険もありそうです。

かといって、直接OFCに送ってしまうと、得体の知れない「ただの白い箱」は、
きっと警戒されて、開けてもらえないかも・・・。
ということで、結局お手をわずらわせてしまうのですが、
HS Girlさんと一緒にMerrilvilleでのラストコンサートを見に行かれる
kotobukiさんに持って行っていただくことにしました。
荷物になってしまってすみません、kotobukiさん。よろしくお願いいたします!

そして、前回のバースデイ・ボックスも一生懸命持って行ってMaryに渡してくださった
HS Girlさん、今回もお手間をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします!


Clayのメガネが続いていることについて。
Clack HouseのM&Gレポートにこんなコメントを見つけました。
(kaoruさん、教えてくれてありがとう!)
232374282-L.jpg

As the pictures were being taken, I said to him, that we know he misplaces things,

so how many glasses and contacts does he travel with.

He said 2 glasses and 2 packets of contacts. He has 1 pack and Mary the other.

Mary said she lost her glasses this time.


写真を撮るときに彼にきいてみたの。「あなたはよく物を置き忘れちゃうらしいけど、

ツアーに出るときはメガネとコンタクトレンズはいくつづつ持っていくの?」って。

そうしたら、「メガネを2つにコンタクトレンズは2パック」と答えたわ。

今はClayが1パック、Maryがもう1パックもってるって。

今回はMaryが自分のメガネを失くしちゃったんですって。


・・・というわけで、Clayはコンタクト(パックと言ってるということは、
使い捨てのものですよね・・・?)の余分がないので、節約してるのかもしれません。
まあ、フラッシュにまいってるとか、ライトが強すぎるとかいろんな要素があるので、
実際目の調子はあまり良くないのかもしれませんし、
なぜずっとメガネなのかの理由としては
もう一歩決め手に欠けますが、なかなか興味深い情報ですよね。
toniさんの写真3
toniさんの写真4

smugmugにtoni7babeさんの写真が大量にアップされました。
私のお気に入りのSouth BendのDSIAFCDの写真もいっぱい。
この会場と、St.Louisだけ、最後のファルセットボイスになるところで
Clayはマイクを包むようにして歌っているんです。 
実は映像自体はSt.Louisの方が好きなんですが、写真がどうしても見つかりません。
あとで画面から上手くキャプチャーできたら追加しますね。
まずはtoniさんの美しい写真集から。
SBのDSIAFCD1

SBのDSIAFCD2

SBのDSIAFCD3

SBのDSDIAFCD4

SBのDSIAFCD5

今回のツアーでは、Clayがいつも黒のスーツを着ていて、
あんまりBanterとかもないし、
このところ同じメガネだし、髪がたがちょっと違ってるだけで、
正直あんまり目新しいことを期待しなくなってきてますが、
それでも時々その時ならではの場面もあるんですよね。
OHNの暗闇の中のClayの表情だったり、
歌を間違っちゃうハプニングだったり、
アンコール前のいったん退場するときの言葉だったり・・・。
232378061-L.jpg

そんな「この時だけ」のClayを集めて、
DVDを作りたいなあ、と思っている今日このごろ。
でも・・・最近、以前のclackが突然アップしてたりして、
もう追いかけるのが大変。
Clayと同様、ちょっと疲れ気味。
smugsmugのtoniさんの写真にしても、
一か所あたり100枚以上あるもんねえ。。。
みなさんのPCは大丈夫ですか?
うちのはもう悲鳴を上げてますよ・・・。

MorristownのClay。
Morristown1.jpg

前髪をおろして、また何歳か幼くなった感じ。
音響はこれまでで最高!という声も数々ありましたが、
Clayの声はそれに耐えられてないような。
・・・もしかして、カゼひいた?
Morristown2.jpg

一日休んで、また今日はコンサートが始まるよ。
Clay、大丈夫かな・・・。




先日、表参道に行きました。
ここは環境のため(だったかな?)、
数年前から商店街で相談し、
木にクリスマスライトを巻きつけるのをやめたそうです。
なので、銀座や新宿と比べると街はちょっと暗め。

でもその代わり、いろんな新しい店ができて、
それぞれがステキでカッコいいクリスマスディスプレイをしたり、
ライティングをしたりするので、
充分きれいです。
表参道ヒルズもこんな感じ。
ヒルズ1

ヒルズ2

壁面全体がライトパネルになっているので、
シーズンやイベントごとに、
いろんなライティングができるようになってるみたいです。
買い物しなくても、歩いているだけで楽しい街ですね。

そのヒルズの前の建物に、
最近MoMAのデザインショップができました。
NYのMoMAにでも販売されているグッズがここでも買えます。
どの商品も個性的で、見るだけでも面白いお店です。
私が気に入ったのは、砂利を樹脂で固めてできた大皿と、サラダボウル。
かっこいいんですよー。
高くて買えませんでしたけど。

トイレのウォシュレットも他では見たことないようなおしゃれなデザインで。
思わず写真撮っちゃいました。
MoMAデザインショップのウォシュレット


さて、CTNさんから教えていただいたんですが、
AOLのサイトで、
"The Best and Worst Christmas Songs"
というランキングが発表されています。

それに、Clayの"Merry Christmas With Love"が
入っていました。
ベストではなく、ワーストの方で。
5位でした。
Clayが載ってるページのURLはこちら

なんだー!
どういう基準で選ばれたランキングなんだよー?!

クリスマス

その評として、
「古ぼけた季節もののあり合わせ料理を温め直したみたいな曲」
みたいなことが書いてありますね。
「”木を切る必要もない”と言って悲嘆に暮れる老人
(彼女、捨てられたんでしょうか?それとも、
チープで即席の豪邸が並ぶ住宅地のすみっこで、
道にでも迷っちゃったんでしょうか?)に、キャロルを歌う人たちが
クリスマスの真の意味を思い起こさせてあげるという内容です。
あれ?今のあなたのそれは、安堵のため息?
それともミントをのどに詰まらせただけ?」
だそうですが、
このジョーク?のセンスが全っ然わかりません!
私の訳がいけないんでしょうか???

こういうランキングは多分に独断と偏見によるものだと思いますので、
(だって、投票させたわけじゃないんでしょ?)
選んだ人のセンスとか、好みとかに大きく左右されますよね。
雪山にソファ

この、 「雪山にソファ」のセンスもなかなか・・・・奇抜。

その他のワーストランキングは以下のとおりです。
1. Do They Know It's Christmas / Band Aid
2. Please Daddy (Don't Get Drunk This Christmas) / John Denver
3. Oi To The World / No Doubt
4. Merry Christmas ( I Don't Wanna Fight Tonight) / The Ramones
5. Merry Christmas With Love / Clay Aiken
6. Santa' s Beared / The Beach Boys
7. Chrintmas Conga / Cindy Lauper
8. Sant Claus Is Comin' To Town / Bruce Springsteen
9. 8Days of Christmas / Destiny's Child
10. Chirstmastime / Smashing Pumpkin
11. Wonderful Christmastime / Paul McCartney
12. Santa Baby / Madonnna

「えええっ?」って思う曲も入ってるでしょう?
結局、曲がいい、悪いっていうより、
その曲を選んだ人と自分がどれだけ違うのか、
ということだけなんですよね、わかることって。

ちなみに「その人(?)」が選んだベストランキングは以下のとおり。
1. Christmas In Holli's / Run DMC
2. Happy Christmas / John Lennon & Yoko Ono
3. Blue Christmas / Elvis Presley
4. River / Joni Mitchell
5. Santa Claus Go Straitht To The Ghetto / James Brown
6. Rockin' Around The Christmas Tree / Brenda Lee
7. Christmas ( Baby Please Come Home) / U2
8. Someday At Christmas / Stevie Wonder
9. Christmas Is The Time To Say I Love You / Billy Squier
10. Candy Cane Children / White Stripes
11. Pretty Paper / Willie Nelson
12. I Want An Alien For Christmas / Fountains Of Wayne

いい曲、に関しては、あえてコメントはしません。
人それぞれだし。確かにいい曲もあるし、知らない曲もあるし。

でも、ワーストに選ばれたとしても、
それは「その曲を歌う代表的な人」として
認められてるってことでもありますよね。
他にもクリスマスソングを歌っている人は数多かれど、
名前も思いついてもらえない人もいるわけで。

よくも悪くも注目されてる、ってことにしときましょう。

でも、いい曲だと思うよ、私は好きだよ。
こんなランキング、気にしないでねClay。

Red BankのClay。
RedBank1.jpg

髪のびるのはやいね

RedBank2.jpg

映像はまだアップしてませんが、髪も表情も、なんだかちょっとお疲れ・・・?
(髪のびるの早いねClay)

やつれた?

また顔、やせた?

シルエット

Clay in the dark 

2007.12.11 16:21

33large.jpg

夏のClay。CDDに載ってたんですけど。
「下のシャツが透けてます」って・・・。
こんなささいなことでファンをときめかせてしまうClayって、
ほんとにストイックなアイドルですね。
今回のコンサートでは黒いスーツで隙なくきめているので
(いや、「上着にしわ発見!」なんてくらいのことはありますけど)
あんまりこの手の話題は出なさそうですね。
立ち位置遠いし、ロングジャケットだからお腹出ないし、
ズボンのジッパーが開いてても見えないし。
あらあ~

「そうよっ。そうそうあんたたちの望みどおりにはいかなくってよっ!」



なんだか、今日はClayみたいな生活になっています。
(って、失礼だよねえ^^;
ほんとにそんな生活してるかどうかわからないのに)
午前中は体も頭も全然働かないんです。
まあ、仕方がないのでとりあえず目だけは開けて家族に朝食を出し、
送り出すことまではしたんですが、
ムリヤリ動いたんで、そのあと反動でしばらくぼうっとしてしまって。。。

やらなければいけないことをつらつらと考えて、
すぐに始めないと、あとあと大変だってわかってるのに、どうしても動けない。
昼近くになって、ようやくのろのろと
たまっている事柄を片付け始める始末です。
きのうのワインが影響してる、のかもしれないですが。

体調がイマイチだと、心境にも影響します。
とにかく気持ちがゆらゆらして、
Clayのこと書いてても、どんどんうすぐら~くなっていってしまう・・・。
「暗闇の中のClay」?なんだそりゃ?
こわいぞこのタイトル。

もう今日はClayのことを書くのをやめることにしました。
おちゃめ

「そうしな。あんまり僕のこといじりまわしてると、バチがあたるからね~」


話題、変えます。

友人向けのクリスマスプレゼントを買いに山野楽器に行ったら
クリスマスソングのコーナーがあって、見つけました。
マイケル・ブーブレのクリスマスCD。
「ダイ・ハード」で流れた"Let It Snow"とか、
TCS、MGCL、IBHFCなんかも入ってるんですよー!
早速買ってきて、聴いてみました。

マイケル・ブーブレの声を聴いてると、
おもちを連想するんです。まったりとして、よく伸びるなあ、と。。。
低音でソフトな歌声には、せわしなくてガサガサしてくる心を癒す力があるなあ、
なんて思いながら、なんとなく調子の悪い今、聴きながらこれを書いています。

Clayの方も好きだし、マイケルの方も好き。
それぞれ違う持ち味があって、とってもいい感じです。
ただ、今この状況の自分には、マイケルの方がいいかなあ。。
マイケル・ブーブレ1

このCD,マイケルの顔写真がいっこも載ってないよ。
すごいね。「顔で売ってるんじゃない」ってことなのかね。

Clayの警告。 

2007.12.10 23:07

さっき帰ってきました。
今日は友人と約半年ぶりの食事会で、
ある有名イタリア人モデルが経営するイタリアンレストランに行きました。
料理もワインもおいしかった。店の内装も個性的で楽しめました。
あとは店員の愛想がもっと良ければ最高です。
オーナーであるそのイタリア人モデルは、
人なつこい感じの粋な人なんですから、少しは見習ってほしいもんです。
デザート

アメニティ

トイレにはカラフルな歯ブラシも。さすがイタリアン。


さて、今日のM&GではSPAMALOTの話が出たみたいですね。
Mohiganデュエット


Clayは、SPAMALOTのclackは録らないで欲しいと言ったそうです。
そしてこうも言いました。
「(もしあのショーのclackが出たら)僕は激怒する」
その後、2息ほどついて、こう続けました。
「激怒して、恥ずかしく思う」
"furious"という言葉を使っています。かなりマジだと思います。
Mohiganアップ


・・・そうまで言われちゃったら、
Claymateでこのclackを録る人はよもやいないでしょう。
こういうことはM&Gだけで言うことではありませんね。
きっとそのうちClayはブログでも言うんじゃないでしょうか。
自分は幸運にも行けて見れる立場なので説得力ないかもしれませんが、
あのショーはClayのショーじゃないし、他の出演者の権利問題なんかもあります。
今夜は飲みすぎました


なにより、ファンの逸脱した行為で
Clayが責められたり悪評が立つのは、
絶対に、嫌だ。
ソムリエ



それより製作側がDVDを出すことをそのうち思いつくんじゃないかと思うんですよ。
1月からはClayが載ってるビラも登場するってことで、
それだけでも大騒ぎなんですから、DVD出したら絶対売れるって。

昨日のM&Gでは、クリスマスアルバムをアレンジしなおして、
もう一度出したいとも言ってたそうです。
その際にはAIWとWTOWを是非加えたいって。
その時誰かがDVDにしたらと提案したそうなんですが、
「高くなるからそれはしない」と言ったそうなんですけどね。
昨日のClay2

昨日のClay3

でもSPAMLOTのDVDはCLAY側が出すわけじゃないし、
内容自体がとても面白いしでいいんじゃないでしょうか。
昨日のClay1

赤毛の王子さま 

2007.12.09 17:34

ああ疲れた。。。
昨日、新しい携帯を買いまして。
Docomoの905、自慢じゃないけどかっこいいです。
Pは横にも開くタイプで、
ほら!NCAさんのPC用のサイトもこんな風に見られるんです。
横型


そして、音楽を聴いたりするときは
こんな風に縦にして開いておけば安定感もいいし。
縦型


いや、別にDocomoの回し者じゃないですけど。
前回買った携帯が水没し、まだ1年たってなかったので、
ちょっと高かったんですが、買っちゃいました。
時計も2カ国分出るから、日本とNYの時間にしてみましたよ♪

でも、今までの写真データを移したり、
音楽データを入れ直したり、
もしかしたら映像データなんかも映せるのかな?
なんて変換ツールを試しまくったりしていたら
(結局うまくいかずに挫折)けっこう時間がかかりました。。。

さて、Paukeepsie(どうやって発音するの?)のClay.
ポケットに手を入れて

もうおなじみのメガネで昨日と同じ前髪を上げたスタイル。
去年もよくやってましたが、ポケットに手を入れて、
ちょっとくつろいでる感じ?

気のせいか、日に日に髪の毛の色が赤くなっていくような。
CBのスレッドを読んでいたら、
「NY暮らしに向けて、元の髪の色に戻してるのでは?」
という意見がありました。Jamieもずっと一緒にいられないだろうから、
手間がかからないように、ってことらしいですが、
実際はどうなんでしょう?
でも、もうすでに自分でやっちゃってるような気がしますよね。
っていうか、なんにもやってないような気もしますよね、
ふわふわだし。前髪ないし。
起きて、シャワーあびて乾かして、
組み合わせなんでもありの黒のスーツ着て、
「はい、そろそろ時間です」って感じなのかしら?

いいよいいよ。
できるだけ休める時間を作ってね。
笑顔


さて、赤毛。
子供のころのClayの髪の色はこんな感じ。
赤すぎ?

あ?赤すぎか?
じゃ、これは?
子供時代

まさかこんなに小さい頃から
染めてるってことはないだろう?どう?


その後AIでデビューする前もいろんな色に変えていたので、
もう自分でももとの色がわからない、とClayも言ってましたが、
大人になってからは戻したことが多分ないはず(ですよね?)。
LTSに"thatch of red hair(わらのような赤毛。あれ?
わらのようなぼさぼさの赤毛、かな?)"と書いてありましたが、
こういう髪の色を「赤毛」と表現するのが不思議。
きっと、光を浴びるともっと燃えるような赤に見えるのかもしれませんね。
ステージ上でライトを浴びる今のClayの髪がそうですもんね。

髪型といい、メガネといい、その姿を見て、
なんとなくAI2のオーディションの頃のClayを思い出すのは
私だけかなあ。
これからもっと「オリジナルClay」に近づいていくのでしょうか。
赤

赤毛の人は緑の瞳の人が多いと聞いたことがあります。

greeneyes.jpg

と、いう上の写真はNew Brunswick(おととい6日)のものですが。
(たった2日なのに兄弟のように違いますね、雰囲気が)
お互いの色が美しく映えますね。

AIWを歌う前のClayが光がまぶしいのか、
めまいを起こしそうな顔をしてたのが気になって、
またまた心配モードに入ってしまいそうな私なのでした。

照明、きれいだけど・・・強すぎるのかも?
Clay、ずっと眼を細めたままじゃない?
やっぱりCBのスレッドで言ってた人がいました。
「誰かM&Gで訊いて!どうしてずっとメガネなのか」
訊いていいかどうかはわからないけど、
私も気になる。。。すてきだけどね。
何を見てる


あと1日だよClay。また休みがくるよ。
頑張って!

2006年ヴァージョン(Merrillville, IN)
ちょっと長いですけど、エピソードが面白い&Clayが可愛い!ので。
訳はNCAさんのサイトをご覧ください・・・って、あれ?リンク貼りたかったですけど、
見つからない。どこだ~!すいません、あとで捜します。

【追記】********************************

・・・NCAさん、見つかりません(泣)。
しかたがないので、ざっくり要約を。間違ってたらすいません。

外が雪模様だという話から、ほんとは金曜にシカゴに入る予定だったのを、
雪のために木曜の夜に早めたこと(この木曜がClayの28歳の誕生日だったので、
みんなが同情の声を上げています)。ほとんど30歳になったような気がしてて
滅入ってしまうこと。何言ってんのーほんとに!しかもあなたは今年、
またひとつ歳をとったけどね(^^)。

この日はブリトニー・スピアーズの誕生日なのでスクラッチソングをやろうか、
という冗談を言い、
そこで最前列の人がいやに近いので、「足をおさめとくスペースはあるの?
そんなに近いと、顔を蹴飛ばしちゃうかもしれないよ」と言っています。
さらに去年のJukebox Tourで来たのが初めてだけど、
この土地にはもう何度も来たことがあるような、親しみをおぼえているということ。
Jesseに何か起こって、"Are you OK Jesse?"って聴いたら
”シッシッ!”と手で払われたので、その様子をまねしたり。

オーケストラを紹介し、今日は2時に起きて、パジャマのまま会場に行くと、
オーケストラの人たちはみんなばっちり決めていて独りだけばかみたいに感じたこと。
彼らはシカゴやインディアナの北西などから集まってきたプロの人たちで・・・
ここで地名を間違え、笑われて、
「言ったでしょ、2時に起きたばっかりなんだから、まだぼーっとしてるんだって!」
と答えています。そして「僕は議論を起こすのが得意だからね」と言っています。
そう、あのKelly Ripaの口に手をあてたことがこの時すごく話題になってたんですね。
「でも、僕たちはもう2週間も議論をしてないからね」「僕を無礼だったと思う?」
「たしかによく無礼なことしちゃうんだけどね」(このへん笑い声でよくわかりません・・・)
とか言って、「なんでこんなこと言っちゃうんだろう」というかんじでうつむいています。
かわいい。でも、「冗談ですよ。ちょっとだけね」って。何がだろう????

耳に指をつっこんで「まずは耳につまってるものを出さないと」
「彼ら(オーケストラ)はとても優秀なので、もし僕がリクエストしたら・・・
もしあなたたちリクエストがあったら・・・ただ胸におさめておいてくださいね」
スタッフに「マイクの下の方を握っちゃだめ」といわれて、観客に
「もし僕がそうしてたら教えてくださいね。ありがとう。ひとりだけ応えてくれました」

そのほか、なんだかこまこまといっぱい話題が散らばってて大変これ。NCAさんてすごい!

そして、ようやく曲の紹介です。
「クリスマスアルバムを作るとき幸運なことに、僕の好きな曲を何曲か選ぶことが
できましたが、その中でもこの曲は僕が9年生の時に高校の音楽の先生から
(アメリカでは9年生から高校生ですね)教えてもらいました。
"Merry Christmas With Love"です。これからそれを歌います」

はあーっっ!!もう、Clayしゃべりすぎ!!

***********************************

いや~よくしゃべりましたね、去年は。
歌は5:40くらいから。


2007年ヴァージョン(Kalamazoo)


そして!1998年ヴァージョン。Clay20歳。10年近く前ですね。 ※クリックすると、CUにジャンプします。
1998_Xmas_HC_WithLove.jpg

歌い出しのキーがすっごく高くて、「うわっ、大丈夫かー?」と思ってしまった(笑)。
今より甘ーい歌い方のような気がします。ちょっと甘すぎ?私には。


もうClayのクリスマスコンサートではスタンダードナンバーといえる、
"Merry Christmas With Love"


She leaned with her head on the window
Watching evergreen bend in the snow
Remembering Christmas the way it had been
So many seasons ago


彼女は窓に頭をもたれかけ、
もみの木が雪にたわむのを見ている
遠い昔のこと、クリスマスがどんなだったかを
思い出しながら


When children would reach for their stockings
And open the presents they found
The lights on the trees would shine bright in their eyes
Reflecting the love all around


子供たちがくつ下に手を伸ばし
みつけたプレゼントの包みを開けたときのことを
ツリーのライトが目の中でキラキラと輝き
あたり一面に愛を反射させていた


This year there's no one to open the gifts
No reason for trimming the tree
And just as a tear made it's way to the foor
She heard voices outside start to sing


今年は贈り物を開ける人は誰もいない
ツリーを切る必要もない
涙がこぼれ落ちそうになったとき
外で歌い始める声が聴こえてきた


Merry Christmas to all who may dwell here
Merry Christmas if even just one
May the joy of the season surround you
Marry Christmas with love


メリー・クリスマス こちらに住んでいる方へ
メリー・クリスマス たとえひとりぼっちでも
喜びの季節にあなたも包まれますように
メリー・クリスマス 愛を込めて


Carolers sang as she opened the door
Faces of friends in the crowd
And all of the shadows of lonely reminders
Driven away by the sound


彼女がドアを開けるとキャロルを歌いだす
グループの中に友人たちの顔
すると孤独を思い出させる影は
歌声に掻き消えていった


Npw the heart that for years had been silent
Was suddenly filled with a song
As she clung to their hands like a child in the night
She found herself singing along


ずっと沈黙に支配されていた心が今
急に歌に満たされて
闇の中迷っていた子供のように彼らの手にすがりつきながら
彼女は一緒に歌をくちずさんでいるのに気がついた


Merry Christmas to all who may dwell here
Merry Christmas if even just one
May the joy of the season surround you
Marry Christmas with love


メリー・クリスマス こちらに住んでいる方へ
メリー・クリスマス たとえひとりぼっちでも
あなたにもこの季節に喜びが訪れますように
メリー・クリスマス 愛をこめて



音楽の先生に教えてもらい、Clayはこの歌が大好きになったと言っています。
つねに弱者のことを思いやる、優しい心の持ち主ですね。


このシチュエーション、日本ではまずありませんけど、
私、アメリカにいる時に経験しました。
クリスマスイブにミサがあり、夜教会から帰ったあと、
「さ、行くよ!」と、引っ張られてまた外へ連れ出されまして。

最果ての州ゆえ、12月の夜はものすごい寒さ。
しかも、その日の朝はあまりの寒さに給水タンクが故障し、
大人の男性たちは30分交代で修理に奔走した、といういわくつきの寒い日でした。
(それ以上外にいると、凍死しかねないほど寒い場所だったんです)

「え~っ・・・・」っと思いましたが、有無を言わさぬ雰囲気にそのままついていきました。
途中で小学校から高校までの友達と合流。
そして、町のある家の前にくると、いきなり賛美歌を歌い始めたんです。
私が知ってた曲はせいぜい「もろびとこぞりて」(しかも日本語)くらいでしたが。
最後に"We Wish A Merry Christmas♪"を歌って、
"Merry Xmas!"と言って、次の家へ。

これ、「クリスマスキャロル」と呼ばれていました。
つまりクリスマスを独りで過ごしている人の家に言って、
子供たちが歌を歌って、元気づける、みたいな行事?らしいです。
たまにはお菓子なんかをもらえたりして、
なんだかハロウィーンみたいだなあ、とか思いましたが、
とにかく寒くて寒くて、大声で歌えばあったまるとばかりに
ハミングで歌を叫んで、次の家に移動するときはみんな猛ダッシュ。
それでも家に帰ってジーンズを脱ぐと、
腿が冷凍肉みたいにオレンジ色になってたっけ。

後にも先にも一回きりの経験でしたが、
20年以上たった今でも強烈に頭に残っているクリスマスの思い出です。

今でもこういうこと、してるんでしょうか。
Clayも子供のころ、「クリスマス・キャロル」やったのかなあ。。。
(まあ、大人になった今でもやってるわけなんだけどね)

Kalamazooの黒。
Kalamazoo.jpg

Kalamazooの赤。どっちも姿が映えてきれい。今回はほんとに照明もいいですね。
Kalamazooの赤

I'll Be Home For Christmas 

2007.12.05 19:35

2004年ヴァージョン
 
おや意外。この時の方が今よりキーが低い?

2005年と2006年は歌ってないですか?

2007年ヴァージョン(メドレー) in DC


I'm dreaming tonight
Of a place I love
Even more than I usually do
And although I know
It's a long road back
I promise you

I'll be home for Christmas
You can count on me ( ※Clayは" You can plan on me"って歌ってますね・・・)
Please have snow and mistletoe
And presents under the tree
Christmas Eve will find me
Where the love-light gleams
I'll be home for Christmas
If only in my dream...


今夜は夢見てる
大好きな場所を
いつもよりもとてもね
戻るにはとても遠い
わかってるけど
きみに約束するよ

クリスマスには帰るから
待っていておくれ (楽しみにしていて)
雪とヒイラギも用意して
ツリーの下にはプレゼントもね
クリスマスイブには会えるから
愛の光がきらめく場所で
クリスマスには帰るから
夢の中のことだけど・・・

" I'll Be Home For Christmas"ですが。
このラストの言葉の訳、これでいいんでしょうか?

この一言で、それまでの歌詞の内容が全部ひっくり返っちゃうんですけど。
つまり、実際には会えない、ってこと?
なんだか、えらく切ない歌じゃないですか?

キリスト生誕と神様への賛美歌としてのクリスマスソングと、
ホリデイソングとしてのクリスマスソング。
今回のコンサートではこの2タイプの歌が交互に聴けるようになっていて、
なかなか趣き深い構成になってますね。
アレンジも分けてあるし、歌うClayの雰囲気もそれぞれ違う気がします。

この歌、今回初めて聴きましたが、しっとりしていて、
大人の雰囲気のClayが見られてすっかりお気に入りです。

さて、Wilkes BarreのClay。
407WilkesBarre.jpg

今日も昨日と同じメガネでしたね。
とってもいい笑顔でしたね。
赤バック

声はどうだったかな? 早くclackアップしないかな。
瞳が澄んでる。
Clayのアップを見て、その目が見れるときにいつも思うこと。

瞳が澄んでる2

私たちの黒い瞳とちがって、Clayの瞳は宝石みたいにすきとおってる。

とうめいなかんじ3

とうめいな感じ

とうめいなかんじ2


歌の合間とか、ときどき空を見てるときがある。

今回のツアー中、エピソードを紹介してるとき、会場が暗くてClayの姿はシルエット。

シルエット

そんな姿を見ていつも思う。

その瞳、ちゃんと映してる? 何を映してる?

今、何を考えてるの、Clay? って・・・・。

DCのメガネClay。 

2007.12.04 05:50

DC Clayも美しい


今日のメガネはこの時と同じ?
これとおなじ?


これも同じ?
DCと同じ1


このメガネをかけたClayは、より一般人に近い、
私たちと同じ世界にいる人みたいに見えます。
先生とか、あるいは宣教師とか?服も黒いし。
黒い襟元がハイネックで白い線が入ってたらまさに宣教中の牧師さまって感じ。

講義中のClay。
講義1
講義-2
講義-3
講義-4
講-5


講義終わり。起立。
起立

礼。
礼




2日連続でメガネ。しかも違うメガネ。
やっぱり「今日はどれにしよう」なんて選んでるのかな。
まだこんなのもあります。
他にもこんなの1


こんなのも。
他にもこんなの2


くつ下みたいに、レパートリー増やして。
つぎはどんなメガネをしてくるか。
それもまた、楽しみになるかも。

講義-6

今日の笑顔もステキだったね。

KalamazooのDSIAFCD。 

2007.12.03 00:42

A hug is warmer when you're in it
1Hug is warmer when you<br />e in it_0011

Oh baby
2Oh baby

that's
3thats a

a
4fa.jpg

fact
Claysmile1.jpg

Claysmile2.jpg

Claysmile3.jpg



っていうところの、Claymateさんたちが騒いだあとのClayの反応が好きで。
それまでの会場ではそれほどの反応もしてなかったのに。

そして、この日のClayは、とっても笑顔がステキで。

smile1.jpg
smile2_20071203004556.jpg
smile3_20071203004612.jpg


他の日はここまで笑ってなかったもの。
お誕生日だったから?何かいいことあった?

ほんとにこの週末はメガネClayで遊びまくっっちゃった。
明日からはまたドキドキの生活。
Clay、元気になっていてねー。

ゆるゆるとね。 

2007.12.02 08:06

ななめ前髪
この日のClay。

ななめ前髪アップ

前髪ななめじゃないですか?

髪型同じじゃないですか

乗馬Clay

そして、ほとんど同じ髪型じゃないですか?
別に好きですけど。でもあのときはちょっとあんぐりしましたけど。

お誕生日だっていうのに、特別気張るわけでもなく。
っていうか、
気合1
気合2

初日Wichitaの気合の入ったスタイリングに比べ、
なんというゆるさ。

っていうか、スタイリング、してないんじゃ・・・?
ああ、まあ分刻みのインタビュー詰めだったりして、
時間もないやね。ぎりぎりまで寝ていたいだろうし。
Clay、寝るの好きそうだし。


そんなClayも、Clayらしくて好き。
というよりむしろ、Clay好き。

sleighride clay

なんというかわいさだこと。

ようやく週末だね。
ほかにもいろいろ忙しそうだけど、
少しは休めるといいね。
大丈夫。私たちには、もう十分遊べる素材があるから。

お誕生日Clay。 

2007.12.01 19:41

メガネ。

glasses1.jpg


このときのメガネと同じ?

おなじメガネだね


まだclackはアップしてないのだけど、
レポートによれば、Birthday Clayは元気そうで、ご機嫌もよさそうで。

まあメガネをしてるんだから、目の調子とか、
寝不足?とか、いろいろ事情はあるんだろうけど。

glasses2.jpg


メガネをしてるClayは、ちょっとリラックスして、
(髪型も油断しちゃってて)
気を許してくれているように見える。
ちょっと心を開いてくれてるように見える。
笑顔もやわらかく見える。

そろそろ心配しすぎてへとへとになってた私には、
そんなClayの表情がやさしくて、うれしい。


glasses3.jpg

この(↑)Clay、お勉強できそうだね。

glasses4.jpg



うれしいから、携帯でも見ちゃおう。
リサイズ(240×320)してみました。

お誕生日Clay3
お誕生日Clay2

お誕生日Clay
お誕生日Clay1

Visual Poetry - ImageChef.com

おめでとう、Clay。

あなたは「もう誕生日は祝わない」と言ったけれど、
やっぱり祝わずにはいられない。
だって、あなたがこの世にいることが、
ただ目の前にいることが、
私の力の源だから。

あなたが笑っていることが、
幸せでいることが、
私の幸せだから。

たくさんのいいことが、
これからもあなたに起こりますように。
あなたを幸せにしますように。
あなたを強くしますように。

Happy Birthday


大好きClay。
今日はこれだけ。

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。