いつだってCと。

頭の中を占める、いろんなことがらの『しまい場所』、もしくは『虫干しの場所』。 現在、ほとんどの回線がCLAYにつながっております…。

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
プレゼン用の企画を考えてる時って、
ヒントを求めて本屋に行くことがよくあります。
でも、初めは企画のイメージに合うような写真の載った本とか、雑誌とかを見てるんですけど、
そのうちどんどん違うものに目移りしていっちゃうんですよね・・・。


先日も初めは高級ホテルとか、海外のカフェとか、
おしゃれなイメージのものをさがしてたはず。
なのに本屋を出た時には全然関係ない、こんな本を抱えていました。

死刑囚最後の晩餐


アメリカの死刑囚って、最後に何が食べたいか、
希望をきいてもらえるんですね。初めて知りました。
まあそれも州によって差はあるようで、
刑務所の調理場で作れるものという条件つきの州(ヴァージニア州)から、
近くのレストランでもオーダーできる州(イリノイ州)、
あるいは料金に関係なく、
好きなものを好きなだけオーダーできる州(インディアナ州)までさまざま。
いずれもアルコールはダメみたいですが、
タバコなどの希望もかなえられる州があるようです。

最期の時を迎えるからといって、
凶悪犯にそうした対応をすることの成否については
今回は言及しません。
素朴にこの制度はとても興味深いなあ、と思いました。

この本は、
どんな罪を犯したから何が食べたくなるとか、
どんな育ち方をしたからこういうものをオーダーしたのだとか、
明確な因果関係があって、それを解明した本というわけでもないです。
まあ、人間てそんな単純なものでもないですしね。

結局のところ「誰が何を食べた」というレポート本て感じ。
「へえ、こんなものもOKなんだー」という
ごく表面的な好奇心を満たすのもありですが、
それに加えて個人的には、
最期の晩餐を用意する側の心理を考えながら読むと、
想像力はどんどん膨らんで読み応えが増す気がしました。

たとえばある囚人は「野ウサギのソテーが食べたい」と言うのですが、
刑務所のスタッフはそれをかなえてやるために、
わざわざ野ウサギを捕まえに行ったんだそうです。

あるいはある囚人は「チーズケーキを二種類」希望したそうですが、
刑務所の飲食部門担当者はそれを特定の店から取り寄せたらしいです。
しかも、買ったケーキをそのままではなく、
モクレンの花と葉で美しくデコレーションを施して出したとか。
(この囚人は死ぬ前にチーズケーキ2台を丸々たいらげたのですね・・・)

なんだか担当者の心意気を感じます。

日本にはこういう制度はないようですが、
お正月などは特別メニューが出るのだとか。

大食

少食


しかし驚いたのは、その食べる量です。
もちろん普通の量の人の方が圧倒的に多いと思うんですけど、
「ほんとに1回でそんなに食べれたのか???」
と信じられないような内容の人もいて。

「タコス24個、チーズバーガー2個、ハラペーニョ5本、チョコレートミルクシェイク1、エンチラーダス(チーズ焼きソフトタコス)6個、トスターダ(トルティーヤを使ったメキシコ風ピザ)6個、ミルク1リットル」って・・・・。

「ペパロニ&ソーセージのピザ(ラージサイズ。アメリカのラージってほんとにでかいよね)2枚、コーヒーアイスクリーム1.6リットル、コーラの缶18本」って・・・・。

「ケンタッキー・フライドチキン21ピース、ペパロニピザ2枚、ジェリービーンズ1袋、ペプシコーラ6缶(そうそう、コーラもコカ・コーラなのか、ペプシ・コーラなのか、銘柄指定なんだよね)」って・・・・。


一体どんな人間たち???
スポンサーサイト

誕生日事典 

2008.06.24 14:00

最近、人間としてどうなの、今の生活?
・・・と思うことがあります。

指差し6

先日も前日した洗濯物が翌日まで洗濯機に入ったままでした。
翌日洗濯しようと思って洗濯機のドアを開けるまで気付かなかったの。
しかも、前の夜「あれ・・・私洗濯物もうたたんでしまったんだっけ?」
って、ぼんやり考えた覚えもあるんです。
その時点で気付かなかったって、かなり問題じゃないですか?

指差し4

私、目覚まし代わりに携帯のアラームを使っています。
毎日起床時間がけっこう違うので寝る前にセットするんですが、
携帯開いて握りしめたまま、気付いたら朝方ってことが・・・。
どうやら瞬間的に眠りに落ちてるんですね。

もちろん時刻なんてセットしちゃいません。
充電池のサインは赤く一個だけになって、
「充電してください!」ってベカベカ点滅しています。
iモードのままになってたりすることもあるんだよね・・・。
夜中の3時半とか4時とかに不意に目が覚めて、ボー然としてしまいます。。。

パケホーダイにしててほんとに良かったよ。

いつか仕事でもなんかやらかすんじゃないかと心配です。

指差し3

++++++++++

友達から「誕生日事典」という本を借りました。
本【表紙】

本【中】

1年分の誕生日に生まれた人がどんなタイプかということが書いてあります。
いわゆる誕生日による性格判断本です。
この手のもの、あんまり興味があるわけではないんですが、
毎日分の性格判断が1日あたり見開き2ページ使ってびっしり書いてあってまず驚き。
そのほか同じ誕生日の有名人やアドバイス、「瞑想の言葉」なるものも書いてあります。

指差し2


そこで自分の誕生日の判断を見ますと。
「仕切り上手」だって。

「いつのまにか仕切り担当になり、スケジュール管理や締め切りの設定などに
すぐれた手腕を発揮します」
おお、今の仕事は合ってるってことか。
「ですが、自分自身について何かを決めたり感情を整理したりするのは苦手です」
・・・あたってる。
「・・・決断を先送りにし、自分に言い訳しながら日々を送る・・・」
ははは。
「心のままに行動する勇気をふるいたたせるには強固な精神力が必要ですが、
それができれば相応の見返りがきっとあるはずです」
うーん。。。Clayに関してはかなり心のままに行動をしたつもり。
たしかに相応の見返りはあった。とってもいい経験したし、
たくさんの人たちと出会い、友達になれたし。

指差し1


『アドバイス』には。
「自分が本当に欲しいもの、やりたいことに向き合いましょう。・・・本当の気持ちを
抑え込まないように気をつけて。・・・解放することを覚えましょう」
・・・いいのか、これ以上自分勝手になっても・・・(^^;)?

ちなみに、前日生まれの人は「時代を読む天才」、
後日生まれの人は「鼻っ柱の強い負けず嫌い」だそうです。
うーむ。1日生まれる日がずれてたら私の人生変わってたかも。
もしかして歴史に残るギャンブラーになっていたかもしれず、
また権力濫用の支配者になっていたかもしれないらしい・・・。
ああ、おもしろい。
1日違うとこんなに違うのか?ほんとかよ?

指差し5


またまたちなみに2月には29日生まれの人のページもちゃんとあります。
「永遠の若者」だそうです。言いえて妙です。
「まるで九つの命を持つ猫のように、何度も危険を逃れることができます」
だって。そんなことまで判断しちゃっていいのか?
赤川次郎がこの日生まれだそうです。

ほかにも「セクシーなカリスマ」(11月12日)、「おおっぴらな誘惑者」(6月15日)、
「急ぎ足の人生」(1月27日)、「不思議な霊感の持ち主」(2月8日)、
「偉業を成し遂げる人」(5月22日)「じっとしていられない人」(9月22日)など、
すごいこと言い切られてて読み物としても笑えます。
あ、忘れてた。Clayの誕生日、11月30日には・・・・。

「周到なアタッカー」

「もっているものを最大限に生かす術を心得ています。その才能がなんであれ、
楽々と真価を発揮させられるでしょう。ユーモアももちあわせ・・・そのユーモアは
さりげないのですが、風刺しようというときは実に微妙な表現になり、他人には
本意が――ほとんど――伝わらないかもしれません。」

「極端に怒りっぽいところがあり、笑いものにされるのは我慢できません。
・・・まず強固な防護壁で、次には攻めた相手が痛手をこうむる周到な報復攻撃を
しかけてくるでしょう・・・」

「子供っぽい面があり、気取りのない提案や申し入れにかえって心が動かされる
・・・あらゆる脅しや巧妙な理屈には頑固に抵抗しますが、開けっぴろげな正直さには
ころりといくでしょう」

『アドバイス』
「もっと自由になりましょう」

・・・どうでしょう?なかなか当たってるかも?

指フリ2


またまたまたちなみに、この本には姉妹編があります。
その名も「相性事典」。誕生日で”あの人”との相性がわかるそうです。
「全米のオフィスに一冊はあるといわれる大ベストセラー!」だって。


かなり分厚くてお値段も張りますが、なかなか面白いので
図書館や本屋さんで見つけたらパラパラしてみてね。

指フリ1



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。