いつだってCと。

頭の中を占める、いろんなことがらの『しまい場所』、もしくは『虫干しの場所』。 現在、ほとんどの回線がCLAYにつながっております…。

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
中島美嘉ちゃんのコンサートに行った。
私がファンなのではない。
うちのハズが大ファンで、誕生日にもかかわらず、
ほとんど独断で連れて行かれた次第。

今回の会場は、勤め先から歩いて5分くらい。
しかも地下道でずっとつながってるから、
会社を出る直前に急な雨が降ったけど、全く問題なくすぐに着いた。

4月くらいから始まった全国ツアーの最終日。
それだけに、連日歌い続けた彼女の声はもう疲れまくってて、
かすれまくってて、一曲歌うのもつらそう。
か細い体をほとんど折り曲げて、しぼり出すように歌う姿は、
(それが彼女の歌うスタイルでもあるのだけど・・・)
なんだか痛々しくもあり・・・。

頭に浮かんだフレーズは、「鶴の恩返し」。
まるで自分の命を削るようにして、
使命をまっとうしようとしてるみたいな。
だから、「あと10曲歌って~!!」
終盤近くでそう叫んだファンの声には耳を疑ったよ。
気持ちはわかるし、そう言われたら、
彼女もうれしくなくはないだろうけど・・・。
そんなことしたら、ほんとに死んじゃうんじゃないか???



個人的な意見をずばりと言わせてもらえば、
彼女は決して歌唱力のある歌手とは思えない。
でも、表現力はあると思う。
彼女の高い声や、息継ぎの直前に、
吐息のように揺れる歌声なんかは、私も好きだ。
心をこめて歌うその歌詞に琴線を刺激されて、
何度も涙があふれそうになったし。

老若男女、幅広いファンがいるのも、
思わず「がんばれ!!」と応援したくなっちゃうのも、
ものすごい不器用なMCとか、
ステージでのちょっと変わったリアクションなんかを見ても、
すごくうなずける。


TVで時に見る、江戸時代の後家さんみたいに、
眉なしノーメイク調の顔とか、
反対にばっちりこってりメイクの顔とかからは、
すごく怖いイメージを受けるんだけど、
ステージで見る彼女は全然違う。
そのギャップは、前回初めて彼女のコンサートに行ったときに
すぐに感じた。

総じて、とてもかわいい人だ、外見も、内面も。
ステージのセットも演出もとても凝ってて、
ユニークかつセンスもよくてステキ。
(自分でかなり意見を出してるらしい)


大してファンではないのに、それでも充分楽しめた。

東京国際フォーラム
東京国際フォーラム。とってもかっこいい建物で、
ここを見ながら界隈を歩くのも大好き。




でね。
そんな彼女の歌う姿を見てて思った。
「私の心が今揺さぶられてるのは、歌の上手下手というより、
彼女が一生懸命想いをこめて歌ってるのがわかるからだな」って。

そこで、正直な話。
以前も言ったけど、Clayとは、歌の上手さとかは比べようもない。
でも、最近のClayの歌う姿を見るよりずっと、
ゆうべのみかちゃんのステージの方が感動したな・・・って思った。


そして、Clayの話。
06年のクリスマスコンサート。
病を押して歌う姿を見て、心が痛くなって、
涙があふれてとまらなくなったのはなぜか?

07年の夏のツアー。
彼の歌声を聴きながら、ふるえがくるほど、どうしようもなく泣けたのは、
ただ単に夢がかなって、生の彼の姿が見れたからに過ぎないのか?

その年の秋、ニール・セダカのためのステージで歌った“Solitaire”。
命を削って歌ってるような気がして、
痛々しくて見たくないと思いつつ、その姿から目が離せなかった、
あの想いはどこから湧いたのか・・・・?

今、Clayが歌う姿から、私はあんなに強い感情を覚えることはない。
それは単に、彼の現状を私が知らないからなのだろうか?

あのときの、激流みたいな感覚を、
Clayから再び味わうことは、もうできないのかな・・・?
スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

私も最近の彼のパフォーマンスでは、唯一DFFのUMに感動したくらいです。それくらい露出もないし、あってもあまり…ですね。
彼もレーベルを離れて大変かもしれませんが、今年1年ほとんど仕事をしないで終わるんではもったいないです。
せめて、Xmasツアーをして今年の有終の美を飾って欲しいですね。

私、思わずOFCでクレイに質問しそうになりました。
「歌うのまだ好きですか?」って。
でも、もし彼のネガティブな反応があったらと思うと、怖くてやめましたよ(^^;)もちろん、他のClaymatesのもね。
小心者です、はい(笑)

2009.07.30 23:58 URL | sidney #2NU31nKA [ 編集 ]

AIに参加した時の最初の
http://www.youtube.com/watch?v=RxH7ujQkjFw
このころからもずっと、clayの情熱は歌や音楽より「子供」に向けられてたんだろうなと思います。
元々歌手になるより、特殊学級の先生になるのが夢だった人ですしね。

でもあのSoliteireは私も感動しました。久しぶりにセダカ先生の前で、気合いが入ってたのかな?
もうちょっと真剣に音楽・歌やってくれたらなあとは思いますよねえ。Spamalotも、おバカコメディだからミスしたり甘い気持ちでやっても許されるかも、というとこからの選択だった感じだし。
というかそれより、これから音楽活動、やる予定あるんでしょうか。。

2009.08.01 19:56 URL | yumi #- [ 編集 ]

>Sidneyさん、
彼は夢中になってるものがあると、
それに向かってまっしぐら・・・な性格なんでしょうね。
仕事とか、プライベートとか、そういうことも彼にとっては関係ないのかな。

別に私生活でどれだけ充実してても、夢中になるものがあっても、
歌手なんだということを忘れないで欲しいなあ。
むしろ充実した想いを歌にのせるとか、そんな風に表現してもらえたら、
とってもすてきなのに・・・なんて、ファンの勝手な望みでしょうかね・・・?


>yumiさん、
ほんとですよねえ・・・これからの音楽活動、どうなるんでしょう?
いろんなしがらみがあって公表できないことはあるにしても、
もう少し知れたらいいなあ、と思いますね。

2009.08.02 20:44 URL | まっちる #XJDb9JHA [ 編集 ]

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://alwayswithclay.blog102.fc2.com/tb.php/336-2acb16d1

記事のトップへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。