いつだってCと。

頭の中を占める、いろんなことがらの『しまい場所』、もしくは『虫干しの場所』。 現在、ほとんどの回線がCLAYにつながっております…。

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

Great show, Mr. Ozone!! 

2009.07.19 22:49

フライヤー

小曽根真(おぞね・まこと)さんのライブに行ってきました。
ジャズには全くうとい私がそもそも彼を知ったのは、
大学時代の卒論仲間からCDをもらったのがきっかけ。

今回ひょんなことから、アーミンが彼ととっても親しい間柄だとうかがい、
しかも、小曽根さんのお母様からチケットをおさえていただいた、と聞き、
これはもう行かない手はない!と、その友人と一緒におじゃまさせていただきました。

場所はBlue Note Tokyo。 表参道にあります。

Blue Note Tokyo

いやー、街が街ですからね、とにかくおしゃれなたたずまいで。
NYと下がってる旗は同じなんですけど、
全然雰囲気が違いました。こちら↓がそのNYの店構え。

Blue Note NY


先日Spamalotを観にNYに行った時滞在した、
グリニッジ・ヴィレッジにあります。
日米それぞれ、その街にしっくり溶け込んだたたずまいで、
それだけに、なんだか客層も日米では雰囲気違いそうな気がします。
(中は入らなかったんですけどね)
Jazz好きということでは一緒なんでしょうけど。

entrance
木目が基調の店内。木の扉を開けると階段があり、アーティストの写真が。

会場は満席。でも、私たちのボックス席は、
ステージがとても見やすい、一段上にしっかり確保されていて、
そこにアーミンのご友人たちと一緒に座らせていただきました。
いいポジションをいただいてしまって、
小曽根さんのピアノを弾く指さばきもばっちり見えるし、
なんとアーティストの入退場口のすぐ隣!!
出てくるときも、帰っていくときも、
しっかり小曽根さんの笑顔を間近で見てしまいましたよ。


さて、ライブの内容ですが。


いやー・・・・。すごかった。
ジャズのライブがこんなにステキだとは、知りませんでした。
内容の素晴らしさは、私のつたない文章と乏しい知識では、とても表現しきれない。
でも、とにかくすばらしいものでした。
小曽根さんの指の動きが速い速い!!
共演のプレイヤーたちのレベルも高い高い!!
ゲストのパーカッショニストのセンスもすごいし、
ソリストたちとの掛け合わせも絶妙だし・・・。

そして、今回初めて聴いた、ラテン・ジャズのかっこよさ!!
とてもじっと座って聴いてはいられず、自然に体が揺れてしまい、
終わる頃には汗かいちゃいました。
楽しいですねー、ラテン・ジャズ!
演奏してる側も、聞いてる側も、ご機嫌になれそうな音楽ですね。


小曽根さんのことは、詳しくはアーミンのブログをご覧くださいね。
とにかく天才的なアーティストです。
びっくりしたのは、すごく難しそうな指さばきで演奏しながら、
彼は自分の演奏をまるで他人の演奏みたいに堪能しているように見えたこと。
普通難易度が高いと、集中するために鍵盤見つめて一心に弾くんじゃないか、
と思うんですが。

彼は手を動かしながら、肩から上はほんとに楽しそうにリズムをとったり
スイングしたりしているんです。
まるで頭と体が別の存在みたいでした。
スティービー・ワンダーが弾いてる姿でも、同様の印象を受けたんですけど、
小曽根さんもやはり間違いなく特別な才能に恵まれた方なんだなあ、
と思ったのでした。

黒いピアノに彼の着ていた服の、赤いバラの花が映っていたのも美しく、
とても印象に残る絵でした。

Tonight

そんなにすごい才能の持ち主なんですが、
ご本人には近寄りがたいイメージは全くなし。
むしろ共演のプレイヤーたちにも完璧に気を配り、
アーティストにちなんだお店のドリンクを宣伝したり、
MCの間、観客に質問したり、軽快なトークで笑わせてくれたり、
そっちの意味でもとっても楽しめるショーだったんです。

そこで教えてもらったことがひとつ。
マンボというジャンルの曲がありますね。
曲の合間に「ウーッ、マンボ!!」って掛け声かけるのは
結構みなさんご存知かと思いますが、
あの掛け声、ただの掛け声じゃないんですって。
「マンボ!!」って言われたら、
それまで演奏していた倍の速さでプレイしないといけない。
そういう決まりなんですって。

「ですからみなさん、絶対変なところで『マンボ!!』って言わないでくださいね!」
と、念をおされました。
確かに。ただでさえ速いテンポの曲調のところで言われたら・・・。


面白いかも。


アーミン、貴重なライブにお誘いいただき、ありがとうございました!!

スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

まっちるさん、さすがですねえ。観察や描写が丁寧で、私なんかよりずっと上手にマー坊のショーの雰囲気を伝えてくださってありがとうございます♪
マー坊はこれからヨーロッパ公演だそうで、今度はいつ日本に帰って来るのでしょうね。また機会があったら、マー坊のライブに限らず、ご一緒しましょうね!

2009.07.22 00:12 URL | アーミン #0yH6XFtE [ 編集 ]

>アーミン、

とってもステキなライブを教えていただき、ありがとうございました!
ヨーロッパですか・・小曽根さんは、国際的なアーティストですもんね。
日本を離れてることも多いのですね。

また機会があったら是非行きたいし、小曽根さんにかかわらず、
いいライブ情報があったら是非教えてください!!

2009.07.28 22:44 URL | まっちる #- [ 編集 ]

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://alwayswithclay.blog102.fc2.com/tb.php/335-8a699d4b

記事のトップへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。